奈良・平城宮跡の東の端から、東の山中を見てます。東大寺や若草山がよく見えますね。1300年の昔の奈良平城京が蘇えります。


by nbsan1491
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
久しぶりに、「秋篠寺」へ行って来ました。家から近いのです、自転車で5~6分くらいでしょうか。今回は「奈良の歴史の道」タイトルを付けてみました。重みが出来ましたかな~

奈良はお寺と神社と古墳のメッカです。だからこの秋篠寺もまた南門から入った方が静けさとか寂しさとかの気分は味わえると思っている。秋篠寺は南門と東門が有る。南門に掲げた小さい門表や木々の中に寂しく立つ「会津八一」の歌碑は、見落としてしまいそうだ。。。

「あきしの の みてら を いでて かへりみる いこま が だけ に ひ は おちむ と す」

「秋篠寺 南門 遠望」

 自転車を止めてある、この位置辺りに奈良時代の「南大門」が有ったそうです・・・
b0174217_14263431.jpg

b0174217_14280728.jpg

b0174217_14285551.jpg

南門を背にして参道を見る、この奥に本堂があります
b0174217_14302992.jpg
ここから有料エリア
b0174217_14315626.jpg
本堂 (国宝)
b0174217_14330987.jpg
入場横から入ります
b0174217_14342356.jpg
技芸天立像(重文)
静かなほほえみと魅惑的な姿態にひかれ何度も訪れる人も珍しくないという。頭部は天平末期の乾湿造、体部は鎌倉時代の木造と、時代も素材も違うのに、すこしの違和感もない。技芸天は万物創造の神の頭上から化生した天女で、福徳技芸を司る。

b0174217_14490419.jpg

b0174217_14495151.jpg

東 門

b0174217_14515769.jpg

b0174217_14524124.jpg
境内から東門を見る
b0174217_14545852.jpg

奈良の名水の一つ、「閼伽井 の 香水閣」
青葉に囲まれた一角の門柱に「味如甘露」「清浄香水」と刻みこまれた香水閣がある、そこは今も霊泉が湧き出て地元の人はお香水と呼び、信仰を寄せているそうです。
b0174217_15130764.jpg

「伊勢・松阪の先輩」 秋篠寺は如何でしょうか、9月になれば秋の始まりで少しは過ごし安くなります、お越し下さいませ~

秋篠寺には「近鉄西大寺駅」からバスでゆきます。 近鉄京都線の平城駅から歩いて15分くらいでしょうか。
b0174217_16391553.jpg

# by nbsan1491 | 2018-08-25 15:16 | Comments(0)
つい4日~5日前から過ごしやすい日が続いていたのに、今日は炎天下の猛暑が戻ってきたようです。今日の気温「37℃」湿度「50%?」先月は麦わら帽子で暑さをしのいでおりましたがアスファルトの照り返しが強くて、本日はメッシュの帽子をかぶってゆきました。

今日の集合地は「近鉄西大寺駅」でこの駅は大阪・難波駅からと京都駅から橿原神宮前駅と三方から電車が乗り入れていて奈良駅に向っております。近鉄の主要駅の中でも乗降客の多い駅でしょうね。

集合地の近鉄「西大寺駅」です。

b0174217_08361855.jpg

あまりの暑さに陰を求めて移動しました。

b0174217_08583137.jpg

西大寺駅から100mほどの処に駅名の元名「西大寺」があります。
南都七大寺のひとつで「東の東大寺」と「西の西大寺」と言われてました、文献によりますと現在の東大寺よりも敷地その他の規模は東大寺より大きかったと言われてます、現在では想像も出来ませんがね~
西暦764年聖武天皇の娘の称徳天皇(当時は上皇)の発願により建立されました。

b0174217_09084768.jpg

西大寺  東 門
b0174217_09092285.jpg


西大寺 東門から参道を見る
b0174217_09095652.jpg

伽藍 案内図 
b0174217_09103951.jpg

b0174217_09113501.jpg

b0174217_09120969.jpg

南 門
b0174217_09124226.jpg
西大寺の可愛いい「南門」を出て道沿いを菅原の里へ向います。同行者に「菅原神社」知ってる?と聞くとよく知らないと言う、
天神さんよ「菅原道真公」・・・細い道の両側は今だ昔風の構えの家が多くあります。

b0174217_09261730.jpg

菅原 天満宮 正門と鳥居
b0174217_09264990.jpg

本殿
b0174217_09271989.jpg

b0174217_09275751.jpg

菅原道真公をお祀りしている菅原神社から田舎道一筋向こうに「奈良時代」の「名僧行基」が建立した「喜光寺」があります。
古くは「菅原寺」といった、西暦721年行基が精舎を構えたのが始まりと言う、行基は晩年この寺で病に伏せ、西暦749年入滅した。本堂前の南大門は数年前に建立されたが、古い本堂と新しい南大門のバランスが・・・

b0174217_09425040.jpg
喜光寺の南門と本堂
b0174217_09432639.jpg

b0174217_09440057.jpg

b0174217_09443942.jpg

近鉄橿原線の西大寺駅から次ぎの尼ヶ辻駅を通り過ぎるころ、西側に満々と水を湛えた壕の向こうに、緑の山が見えてくる。これが「第11代垂仁天皇」の御陵として宮内庁が管理する菅原伏見東稜であります。壕を備えた前方後円憤としては、最も美しい古墳の一つで有りましょう。大きさは全長227m、後円部径123m、前方部・後円部共に三段築成である。

壕・周豪内には垂仁天皇によって常世の国に非時香菓を求めて使いに出されたと「日本書記」に記されている「田島間守」の墓とされる小島がる。

b0174217_10055114.jpg

b0174217_10063619.jpg

b0174217_10071002.jpg

「唐招提寺」は西暦759年鑑真和上が平城京右京五条二坊に律宗の道場開いた事に始まる、鑑真和上が西暦763年76歳で入寂したのち、弟子が遺志を継ぎ現在の建物郡が今に至る。

b0174217_10175774.jpg

b0174217_10182641.jpg

唐招提寺 南門 「この作りも珍しいです」
b0174217_10185753.jpg

本堂
b0174217_10193229.jpg
唐招提寺 縁起
b0174217_10200612.jpg
今日の歩こう会は誠に暑い一日でありました、昼食は秋篠川の自転車道の木下陰で済ましましたが・・・暑かったです、この後の予定の「薬師寺」はパスして、近鉄西ノ京駅から帰ってきました。比較的高齢者の集まりで有りますがこの炎天下を汗まみれで歩いて、ダウンした人も無く、皆さん元気にご帰宅されましたよ。。。。

b0174217_10283775.jpg
近鉄 西ノ京駅 最近には昼間の時間帯に「特急」が停まるようになりました
b0174217_10292209.jpg

# by nbsan1491 | 2018-08-23 10:29 | Comments(0)
7月~8月は夏休みにしました・・・これは大成功でした。だからと言って何もせずにノンベンダラリでは身体が鈍ってしまいますので、日々のトレーニングは怠りなくしておりますが。それでもエアコンの効いた部屋でパソコンと遊んでいるのは幸せです。

台風が二つも来ております、19号と20号ですが、関西では20号が気になる台風ですね。静かに通過してくれることを祈ってます。

奈良の平城宮跡の北の端にあります、「水上池」の池の端から南側をみてます・・・時期は昨年の9月1日の昼間です、やはり9月になりますと炎天下の8月とは心持ち草や池の雰囲気も優しくなってきているようです。


b0174217_18444607.jpg


b0174217_18450256.jpg

東京・神田の 「アルプス自転車」のオリジナル「サドルバッグ」です。只今は貴重品でありますね~
b0174217_18452373.jpg

ユーレーの一番価格の安い変速機セットです、課題は耐久性でしょうか・・・よく故障しますね~
b0174217_18462426.jpg

# by nbsan1491 | 2018-08-21 18:53 | Comments(0)
只今は8月の炎天下が続いておりますが、今日一日は爽やかな日で有りました。

この7月~8月は台風が沢山来ました、これからも台風の来るのがNEWSで賑わしております。

その合間の一日誠に爽やかでありました、「本日の気温30℃・湿度21%」一昨日とはえらい違いですね。

我が家の周辺には樹木が多くこの時期にはセミの大合唱になるのですが、これも台風の影響でしょうかね~

今年のセミの鳴き声は静かで有りました。「セミの寿命は地中で3年、地上に出て一週間だそうです」

b0174217_18091620.jpg

「ユーレー ルックス」  (ロングゲージ タイプ)ダブルレバーは別物かも?

b0174217_18131246.jpg

# by nbsan1491 | 2018-08-17 18:14 | Comments(0)
1300年の昔から「奈良の都」はその前の「飛鳥・藤原の都」から盆地の中で「冬は寒くて」「夏は暑い」此は盆地特有の気候の中で生活をして居るのであります。この事は「京の都」も同じで只今は祇園祭りの真っ最中ですが、夏は強烈に暑いです、冬は山からの冷えは・・・特に「比叡おろし」は寒いことで有名ですね~

昨日の奈良の気温は37度でした、湿度は61%と過ごしにくい日々でありますね。今暫くは我慢、ガマンで過ごしましょう。
b0174217_12591967.jpg
サンツアー「サイクロン」で初期の変速機でしょう。キャパシテイが少なかったようです。

# by nbsan1491 | 2018-08-15 12:59 | Comments(0)
今年も7月~8月は炎天下の暑さと、台風の「12号、13号、14号と新たに15号」も発生しているそうです・・・此も異常気象なのでしょうか・・・

加齢と共に無理と無茶が出来なくなってきました、学生諸君の夏休みが有りますように当方もこの間は夏休みとさせて貰ってます。

だが然し、何もせずにだらだらしておりますと身体が怠けてしまいますので日々のトレーニングは大事で有りますので無理のない程度に身体を動かしております。

はてさてカレンダーの9月になりますと「冬眠中の熊のように穴蔵から出てまいりますので宜しくです、その間はご近所の東大寺や若草山や平城宮跡周辺を自転車取り替えながらお散歩致しておきます。。。

b0174217_01305738.jpg
カンパの超安価な変速機・・・「バレンチノ」です。



# by nbsan1491 | 2018-08-14 01:33 | Comments(0)
奈良県内を走っている私鉄は近鉄です。「大阪・難波駅から奈良駅」へと。「京都駅から橿原神宮前駅」へと「大阪・阿倍野橋駅から吉野駅」へと。一番の長距離が「大阪・難波駅から伊勢・賢島駅」へと「大阪・難波駅から名古屋駅」へと全国の私鉄の中で営業路線が一番長い私鉄なのです。。。

今回の集合駅へは、電車の乗車区間は「奈良・西大寺駅から橿原神宮前駅」の区間が急行で32分間です。

橿原神宮前駅です。

b0174217_18140076.jpg

橿原神宮かいわいは、広大な神域を占める橿原神宮があります。この地は「日本書記」によると、神武天皇の畝傍橿原宮のあったところ、橿原神宮は、明治22年(1889年)の創建で「神武天皇と皇后」を祭っている。
橿原神宮の西に大和三山の畝傍山があります。

b0174217_18242274.jpg
橿原神宮前駅の東口から出発です。

b0174217_18263549.jpg
駅から僅かな距離で1400年の昔の飛鳥の歴史が現れてきます。「剣池」

b0174217_18294053.jpg
次の池が「軽の池」です。

b0174217_18304559.jpg

道ばたの露店です。

b0174217_18323069.jpg
飛鳥の里

b0174217_18333718.jpg
和田の池

b0174217_18345233.jpg
飛鳥の里

b0174217_18353964.jpg
盟神深湯

b0174217_18365439.jpg

b0174217_18372256.jpg
これからの飛鳥のコース

b0174217_18382500.jpg
流石は飛鳥路です。

b0174217_18391666.jpg
甘樫丘へ

b0174217_18404040.jpg
案内

b0174217_18412061.jpg
丘へ登ります。

b0174217_18421563.jpg
案内

b0174217_18430428.jpg
甘樫丘 (頂上)

b0174217_18435462.jpg


b0174217_18442926.jpg

b0174217_18452194.jpg
大和三山 畝傍山、後ろは二上山

b0174217_18465915.jpg
大和三山 耳成山

b0174217_18482109.jpg
大和三山の天香具山はここからは見えません。。。



高市郡明日香村飛鳥  「飛鳥寺」
法興寺・元興寺とも号し。蘇我馬子が588年に発願し596年に完成した我が国初の本格的寺院。剛造丈六仏(飛鳥大仏)祀られた。

飛鳥寺西門

b0174217_20132245.jpg
案内

b0174217_20141025.jpg


b0174217_20144142.jpg


b0174217_20151169.jpg


b0174217_20153854.jpg


b0174217_20160580.jpg


b0174217_20163892.jpg


b0174217_20170913.jpg


b0174217_20174658.jpg


b0174217_20181809.jpg


b0174217_20185993.jpg
飛鳥 の 明日香村役場

b0174217_20201758.jpg
橘 寺
高市郡明日香村橘
聖徳太子創建七カ寺のひとつで、680年に橘寺尼坊十房が焼けたことが記され、その頃まで成立していたことは確か。

b0174217_20273414.jpg

b0174217_20281809.jpg

b0174217_20291157.jpg

b0174217_20294364.jpg


b0174217_20301951.jpg
亀石
田園の中の道路沿いにある。長辺4.26m 短辺2.72m 高さ1.94m 大きな花崗岩下端部に、下向きに亀がうずくまったような形をしている。

b0174217_20370061.jpg
鬼の雪隠

b0174217_20380996.jpg

b0174217_20385861.jpg
農家の収穫した「みかん」を保存しておくための倉庫の空気取り入れ口の屋根の4連取り入れ口。

b0174217_20443075.jpg

b0174217_20450562.jpg

# by nbsan1491 | 2018-06-28 18:50 | Comments(0)
今回の旅は、一泊二日・・・両日とも雨で、クルマでウロウロしてました。
それでも宿で温泉に入ってゆったりしてました。


b0174217_20103469.jpg


# by nbsan1491 | 2018-06-21 20:11 | Comments(0)
この言葉が大好きでしてね~
この言葉の為に旅を愛しているのでしょうか、我が人生の生きがいなのです、この旅大好きが何時まで続きますでしょうか。

今回の旅は本日6月19日(火)から一泊二日で愛知県の三河地区へ出かけます、我が家以外の地域でこの愛知県の三河地域「刈谷・安城・岡崎・豊橋」「蒲郡・吉良・一色・碧南・知多半田」とこの地域は仕事も含めて永年うろつきましたのよ~

仕事も終了して年月が経過しましたが、それでも当時の仲間達との交流は今だに続いておりまして一年に数回集まって一泊二日で懇親をさせて貰っています。

今回のプランは近鉄で奈良から名古屋へ(交通費が安い)JRで刈谷へクルマで迎えに来て貰って、三河湾沿いの吉良温泉の旅館で一泊して美味しい料理を楽しみ、ゆっくりとします。今回は何人くらい集まってくれるのかな~。7~8人位かな・・・年寄りばかりですがね。

b0174217_10163568.jpg


# by nbsan1491 | 2018-06-19 10:19 | Comments(0)
今井デイー杖突峠も今回で17回目であります。早いもので「ニューサイクリング誌」の編集長の今井彬彦様が逝去されて17年が経過したのですね。「2001年6月5日に85歳で逝去されています」

私が今井彬彦様と初めてお目にかかったのは、1958年(昭和33年)TOEIオーダーの為に当時の「サイクル時報社」へ訪問した時が最初で有りました。爾来60年が経過しました。

この今井デイー杖突峠が私のサイクリング年間プランの最も重要な物で有りまして、何はさておいても参加する事にしてます。但し一回だけ「重病を患いまして」不参加になりましたがその後も何とか前後にプランを入れて杖突峠を毎年楽しんでおります。

「今井デイー杖突峠」

b0174217_14383322.jpg



b0174217_14390748.jpg

b0174217_14410554.jpg

b0174217_14414837.jpg

b0174217_14423549.jpg

b0174217_14430514.jpg

b0174217_14434787.jpg

b0174217_14442811.jpg

b0174217_14445921.jpg

b0174217_09245506.jpg

b0174217_09252830.jpg
b0174217_14453585.jpg


b0174217_14461564.jpg
b0174217_14464231.jpg

# by nbsan1491 | 2018-06-18 14:49 | Comments(2)
自転車のシクロジャンブル(フリーマーケット)が2018年5月20日(日)服部緑地の民家集落南広場で開催されました。

奈良から近鉄と地下鉄を乗りついで会場の「緑地公園駅」に着きました。


b0174217_23423409.jpg
シクロジャンブルの会場につきました、お店もお客さんも沢山来てました。

b0174217_09042930.jpg

b0174217_09142107.jpg

b0174217_09150882.jpg
お店の展示です、自転車の部品以外も色々です

b0174217_09163391.jpg
ホイールです。
b0174217_09175964.jpg

「マファックとサンプレの間にジュラエース」が・・・こんなん大好きです。

b0174217_09203546.jpg
中古品「10万円のデローザーお値打ち品です・・・

b0174217_09222277.jpg
可愛い小径車「台湾製」

b0174217_09240349.jpg
部品いろいろ。

b0174217_09250353.jpg

b0174217_09255323.jpg
この紙箱の中身はまとめて 1.000円です。

b0174217_09281173.jpg
とてもシンプルきれいでした。

b0174217_09291719.jpg
常連さん、埼玉から来てます、とてもキッチリとした展示です。

b0174217_09305503.jpg
目立つ展示ですね、色鮮やかです。

b0174217_09320783.jpg
傘はも売り物?

b0174217_09330647.jpg
テーブルの展示です。

b0174217_09341667.jpg
とてもシンプル良い物が有りました。

b0174217_09353841.jpg
箱入りが沢山です。

b0174217_09370666.jpg

b0174217_09375959.jpg

b0174217_09383996.jpg
ここもホイールです。

b0174217_09393864.jpg
良いロードですね。

b0174217_09411110.jpg
写真右側の下の小型の金色ボトル、目玉でゲージ付き6.000円

b0174217_09444465.jpg
ニューサイ誌 200円

b0174217_09461985.jpg
右の黒い靴売れました、

b0174217_09475829.jpg
常連さん。

b0174217_09493422.jpg

b0174217_09503073.jpg
綺麗なお店ですね。

b0174217_09512593.jpg
ストラップ700円・・・買い忘れました。

b0174217_09535099.jpg
お友達の「TOEIの11速」

b0174217_09575797.jpg

b0174217_09583864.jpg
このお店・・・この足は「岐阜の人」

b0174217_10000284.jpg
凄い部品いっぱい・・・ポリ袋もいっぱい。

b0174217_10012675.jpg
お店

b0174217_10020842.jpg
懐かしいデザインのサコッシュ・・・「旅とサイクリスト誌」のサコッシュ。

b0174217_10040546.jpg
「旅サイ」シール2種と「JCA大阪サイクリング協会」シール1種(売り不可)

b0174217_10075160.jpg
5月20日最高のお天気の中のシクロジャンブルでした。見るばかりで何も買わずでした、そろそろ我が家の在庫品も処分にかかりますかな~


















# by nbsan1491 | 2018-05-21 10:12 | Comments(0)
毎年6月の第二日曜日が「今井彬彦メモリアルラン杖突峠」であります。今年もプランナーの「信州小諸の中堀 剛さん」から今井デイーの開催告知が届きました。沢山のサイクリストがこの「今井デイー杖突峠」を年間の重要なプランとして予定に入れて貰ってます、とても嬉しいことでありますね~。

(*)今年も下記の予定で開催致しますので、沢山の人にご参加頂けますようにご案内をさせて頂きます。

(日 時) 2018年6月10日(日) (正午)
(場 所) 信州・杖突峠・峠の茶屋
(形 式) 集合サイクリング 「各自お好きなルートでお集まり下さい」(自由参加)

今井デイー杖突峠の第一回の開催はニューサイクリング誌の主催で開催されました、爾来今年で17回です。3年前の2015年には今井彬彦さんの生誕100年の記念会が開催されました。


2017年の集合写真です。
b0174217_21162470.jpg
峠の茶屋のみなさんです。

b0174217_21191511.jpg




# by nbsan1491 | 2018-05-10 21:20 | Comments(0)