奈良・平城宮跡の東の端から、東の山中を見てます。東大寺や若草山がよく見えますね。1300年の昔の奈良平城京が蘇えります。


by nbsan1491
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

歴史の道 奈良・ 「不 退 寺」

不退寺・奈良市法蓮町

在原業平ゆかりの寺で四季の花に包まれて・・・

東大寺の「転害門」の前の一条通りを西へ法蓮町のJR関西線を越えてすぐ北へ続く住宅地の細い道を進むと「不退寺」の「南門」(重文)が立つ、鎌倉時代の本瓦葺きの四脚門。寺は都が平安京に移った後も平城京を懐かしんだ平城天皇が、ここに茅葺きの仮の住まい造って萱の御所と称し、その後、子の阿保親王、孫の在原の業平もここに住み、西暦847年業平が聖観音像を刻んで本尊とし、「不退転法輪寺」と称したのが始まりといわれる。

庭園の奥にある本堂(重文)小じんまりとした寄棟造で、室町時代の建立の格子がくっきりと美しく、藤原氏に押されて不遇をかこった貴族の住いにふさわしい佇まいである。

b0174217_14303779.jpg
南 門

b0174217_14311938.jpg
南門越しの本堂 (重文)

b0174217_14324659.jpg
不退寺 (由来)

b0174217_14335654.jpg
不退寺へ歴史の道

b0174217_14350299.jpg



「シマノ 105」
シマノの変速機では「トップがジュラエース」「二番が600」「三番が105」です、価格的には、ツーリングに使う変速機は「600」か[105」で有れば充分でした。それでもジュラエースは憧れでしたね~
b0174217_15010903.jpg

by nbsan1491 | 2018-08-31 14:35 | Comments(0)