奈良・平城宮跡の東の端から、東の山中を見てます。東大寺や若草山がよく見えますね。1300年の昔の奈良平城京が蘇えります。


by nbsan1491
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

春 や 春・・・ すぐそこに。

三月も中旬になって参りました。これから良い季節になって来ますね。ついこの間まで「梅の花」が話題になってましたが、今月の末頃から日本人が待ち焦がれている「桜の花」が列島に咲き出します。お出掛けには最高ですね。そしてこれから咲き出すのが「蕨」です、自然に生えてくる「わらび」と読みます。

奈良の都の奈良時代(770年頃)の「志貴皇子」(しきのみこ)は奈良朝最後の「光仁天皇」となられたましたので「春日宮天皇」と諡名(おくりな)されました。「志貴皇子」の御陵は奈良市の高円山東側田原の里にあります。

その「志貴皇子」が春を読まれた、万葉集目録の(巻八・一四一八)に載せられた「さわらび」の歌です。

   「 石ばしる  垂水の上の   さ蕨の    萌え出づる春に  なりにけるかも  」 

   「 石 激   垂見之上乃   左和良妣之   毛要出春尓   成 来鴨  」

 (*)万葉集の中でこの歌は「春雑歌」に入れられて有ります。

(*)一年で一番良い季節であります、大いに楽しみましょう・・・さてお出かけの予定は如何でしょうか。。。

(*)私の予定は3月18日から前泊まりで伊豆半島の下田市から弓ヶ浜~石廊崎~妻良~マーガレットラインを走って岩地温泉で泊まりです。翌日は岩地~松崎から伊豆の西海岸をのんびりとユッタリと楽しみます、土肥から駿河湾フェリーで清水へそして静岡へ・・・新幹線で帰ります。

お天気が良くて体調が宜しければ(懐具合も)土肥~戸田~大瀬崎からの海岸線を沼津辺りまで足を延ばして参りますか。「蕨」も出てるでしょうかね~」
b0174217_11243081.jpg

(*)伊勢の先輩この万葉集の歌は如何でしょうか。。。
by nbsan1491 | 2016-03-13 11:24 | Comments(0)