奈良・平城宮跡の東の端から、東の山中を見てます。東大寺や若草山がよく見えますね。1300年の昔の奈良平城京が蘇えります。


by nbsan1491
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

戦前の サ イ ク リ ン グ 

日本のサイクリングの世界で戦前から走っていたサイクリングクラブに「NCTC」(日本サイクリスツ・ツーリング・クラブ)が有ります。おそらくそこのメンバーさん達は我が国のサイクリングの草分けみたいな人達ばかりだったのでしょうね。

この写真の人は現在でも通用する素晴らしいスタイりングの人達ですね、左側の大きな人は当時のクラブ代表も務められました「和田文平 様」だと思いますが、1940年代にこのスタイルです。自転車もイギリス風のクラブモデルですね。「このクラブの数人の人達がイギリスの「CTC」サイクリングクラブ会員だったそうです。現在も数人いらっしゃるそうですが。
b0174217_20192184.jpg

この方が「NCTC」で長らく代表を務められておられた、「菅沼達太郎 様」かと思いますが、この方は自転車以外に「山岳会」もされていたのですね。それも1930年頃には活動をされていたそうです。
b0174217_20253828.jpg

この写真の人物はよく分かりませんが、悪路・・・ラフロードを姿勢を落として踏んでおられますね。それにしても悪路です。アスファルトの道は殆ど無かったようです。
b0174217_20282259.jpg

当時の自転車を出しておきましょう。説明は出来ませんので見るだけにしてください。
特徴は「ハンドル」ですね。
戦前のサイクリング用自転車のハンドルに使われていたのが「ラウターワッサー」というハンドルです。
b0174217_20332711.jpg

b0174217_20334160.jpg

b0174217_2033555.jpg

b0174217_20343378.jpg

(JACK LAUTER WASSER)は自転車競技者として1920年代から「ブリテッシュ
ライトウエイト」に精通していた人です。「アムステルダム・オリンピック」に出場していたそうです。
Commented by wajin at 2010-10-31 07:51 x
とても古い写真ですね。二枚目の写真はかっぱ橋!?上高地辺りで撮られた写真でしょうか。

クラブモデル?サドルバッグは使いやすいですね。地道などで自転車を停めたとき、フロントバッグですとハンドルを取られて嫌な思いをします。地道の走行でもフロントバッグは不安定な感じがします。

説明文・・・知識のない私にはちんぷんかんぷん?です。またいろいろと教えてください。
Commented by N B san at 2010-10-31 22:46 x
日本の自転車の影響はこの当時は殆ど英国が中心でありました、戦後の昭和30年前後でもこの形態自転車ばかりでした。私もその口ですがドロップハンドルに3段変速でタイヤも「8/3・2/1・8/5」と言ったタイヤを使ってました。今だにサドルバッグを愛用してます。
Commented by taka0716-t at 2010-11-04 13:58
昨日正倉院のところでお会いしたものです。

また何かありましたらよろしくお願いします。

PS初めてTOEIおろした日に、それもたまたまお会いいたのも

何かの縁と思いますので、今後ともよろしくお願いします。

メール送らせていただいたのですが返ってきたもので

ブログにコメントさせていただきました。



Commented by N B san at 2010-11-04 16:29 x
何時ものお散歩コースの途中で「TOEI」にお会いする事は過去にもありませんでしたが、新車で初走りにお会い出来るなんて素晴らしい事です。今後とも宜しくお願いします。何時も奈良公園や平城宮跡にはお散歩で出かけておりますので又ご一緒しましょう。
by nbsan1491 | 2010-10-30 20:39 | Comments(4)