奈良・平城宮跡の東の端から、東の山中を見てます。東大寺や若草山がよく見えますね。1300年の昔の奈良平城京が蘇えります。


by nbsan1491
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

今日の お散歩 (奈良/般若寺)

奈良の般若寺と言えば「コスモス」で有名ですが、お寺のパンフレットにも「コスモス寺」と表書きされてます。コスモスだけでは無くて「春は山吹」「夏は山アジサイ」「秋はコスモス」「冬は水仙」と年中花に囲まれたお寺なのです。
飛鳥時代(629年)創健、のち(735年)平城京の鬼門を守る寺として寺観が整えられました。度々の兵火をのがれ、南宋の石工・伊行末が建てた日本一の大石塔を始め笠塔婆・本堂・楼門・経蔵・文殊菩薩「白鳳阿弥陀仏」など多くの国宝・重文を今に伝えています。
b0174217_2224114.jpg

般若寺入場受付です。
b0174217_224731.jpg

境内のコスモスです。
b0174217_2264561.jpg

b0174217_2272164.jpg

b0174217_2275159.jpg

b0174217_228920.jpg

b0174217_2283598.jpg

b0174217_228582.jpg

b0174217_2292580.jpg

コスモスと本堂です。
b0174217_22101519.jpg

b0174217_22105354.jpg

般若寺の本堂の正面に建つ高さ13mの十三重石塔が素晴らしいです(重文)
b0174217_22144481.jpg

b0174217_2215110.jpg

b0174217_22152090.jpg

b0174217_22153979.jpg

般若寺では一番有名な「楼門」です。軽快な感じの一間一戸、入母屋造り、本瓦葺きの楼門は鎌倉後期の文永年間(1264年~1275年)に建てられたもので(国宝)です。
b0174217_22203178.jpg

b0174217_22205397.jpg

b0174217_22211771.jpg

b0174217_2221448.jpg

b0174217_2222297.jpg

般若寺の「秘仏阿弥陀如来」白鳳時代(重文)コスモスの花見ごろの10月に特別公開されます。聖武天皇が平城京の鬼門鎮護のため奉納。昭和の大修理の際、十三重石宝塔五重目より出現の霊仏。胎内に大日・観音・地蔵の三尊を込めていた。
b0174217_2231066.jpg

この建物の中に白鳳秘仏の阿弥陀如来があります。
b0174217_22312320.jpg

b0174217_22334826.jpg

b0174217_22341491.jpg

b0174217_22343428.jpg

一年に一度般若寺のコスモスを楽しませてもらいますが此処のコスモスは、すべて一本一本手で植えておられるそうです、可憐なコスモスの花をお楽しみ下さい。
b0174217_22375752.jpg

b0174217_22381418.jpg

b0174217_22383273.jpg

b0174217_22385178.jpg

b0174217_2239875.jpg

b0174217_22392535.jpg

b0174217_2239442.jpg

般若寺のコスモスは只今が満開です、後10日から2週間は楽しめるそうですから、平城遷都1300年祭の帰り道にでもお寄りください。。。
by nbsan1491 | 2010-10-18 22:41 | Comments(0)