奈良・平城宮跡の東の端から、東の山中を見てます。東大寺や若草山がよく見えますね。1300年の昔の奈良平城京が蘇えります。


by nbsan1491
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

奈良 薬師寺 「東 塔」

近鉄橿原線の西ノ京駅から東へ少し歩くと「薬師寺」の裏門(北側)が右手に見える。この門が「興楽門」で参拝者の行動を見てみるとこの門が正門のような気がしますね。
b0174217_13323654.jpg

この門の正面から北向きに歩きますと「唐招提寺」へ行く事が出来ます。この辺りが近鉄の駅名と同じで「西ノ京」です。
b0174217_13373138.jpg

当然、「薬師寺」は世界遺産です。
b0174217_13384783.jpg

本題に入りまして、今秋から一世紀ぶりの解体修理に入る薬師寺の「東塔」国宝(高さ34m)覆い屋のカバーがかけられてあります。東側の秋篠川沿いの自転車道から見てます。
b0174217_13433713.jpg

東塔の南側からみてます。
b0174217_13464730.jpg

南門から東西両塔を見てます、右側の工事中の塔が「東塔」です。
b0174217_13492848.jpg

南門の次にあります「中門」です、この中に「金堂」と「講堂」と「東西両塔」があります。
b0174217_13532252.jpg

奈良大和路には沢山の有名寺院がありますが、この数十年で「金堂」「講堂」「西塔」中門」「玄焋三蔵院」を次々復原、建立している。お寺にしては惜しいほどの商売才覚が有るようですね。
「その代表が「写経」ですね。この中に写経の道場があります。
b0174217_1445729.jpg

正面が「玄焋三蔵院」と右側が写経道場です。
b0174217_14842100.jpg


薬師寺・東塔(1300年)は3月まで調査を続け、痛み具合を検討して、秋からの解体に備える。解体修理の期間は10年間。東塔は現在、事前調査のため仮設の足場を組んでいるが、3月下旬にいったん外して元の塔の姿を見られるようにするそうです。今秋から覆い屋を建設して、本格的に解体工事を進める。

工事期間10年は長いですね・・・3月の一般公開を見ておかないと、生きている内は見られないかも知れませんね。。。
Commented by wajin at 2010-02-05 10:20 x
お早うございます!

薬師寺東塔、3月下旬にカバーが外されるのですね。その後10年は解体修理・・・是非とも、もう一度見ておきたいです。

銀閣寺も修理中、桂離宮の池の水は抜かれていた・・・
仕方ないですね、後世にその美しさを残すためには。

奈良や京都のお寺さんは檀家を持たないとか・・・国宝や重文でない限り、維持や修理に掛かる費用は莫大・・・よって、拝観料を集めるのも致し方ない・・・ですね。
Commented by N B san at 2010-02-05 10:58 x
wajinさん、お早うございます。

奈良・薬師寺の「東塔」解体修理は今年の11月からですので、その間3月から11月は見られると言う事です、思いつきでユッタリと奈良へお越し下さい。

日本の「木造建築」は1000年が一区切りでしょうか、その間自然災害や火災等で国内の多くの寺社が消えているのですね。その点諸外国の「石の建造物遺産」は凄い物がありますね、2000年~3000年イヤ・・・紀元前2000年それ以上なんてのも有りますからね・・・

全国のお寺で「国宝」や「重文」を沢山持っている寺社は国の補助で寺の経営もうまくやってゆけるのでしょう。

全国の有名寺院では、本来は「お葬式」はしない物のようですが、末端の寺では「お葬式」や「法事」をしないと「寺経営」が出来ないのでこれが寺のメイン行事になってますね。「東大寺」などは、お葬式はしないそうです。大仏殿の中でお葬式は聞いた事がありませんし、彼の「聖武天皇のお墓」も東大寺には有りませんものね。

本来のお寺は生きている人間の為のもので死んだ人間の為の物では無かったようですね。 私が死んだら何処へ入りましょうかね~。
by nbsan1491 | 2010-02-03 14:19 | Comments(2)