奈良・平城宮跡の東の端から、東の山中を見てます。東大寺や若草山がよく見えますね。1300年の昔の奈良平城京が蘇えります。


by nbsan1491
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

高野~龍神~(牛廻越)~十津川 (2)

龍神温泉という名前の由来は、弘法大師が龍王のお告げによって温泉場を開いたことにあるという、湯本にある温泉寺(真言宗)にもそれに関する古い弘法伝説がある。龍神温泉はその後江戸時代初期には紀州・徳川頼宣の庇護の下で大きく発展し、今も江戸時代から続く「上御殿・下御殿」などの古い旅館がある。
b0174217_1144838.jpg

龍神温泉は平均泉温約48度を誇る、重曹泉で肌にヌルヌルする温泉です。龍神温泉の憧れの旅館は一番旅館の「上御殿」です、江戸時代は紀州の殿様の専用旅館であったそうです。
b0174217_11503284.jpg

上御殿から下御殿の前を通過して国道425号を「牛廻越」の頂上まで約22kmの登りが続きます。細い昔ながら道を小雨でポンチョをかぶって走ってました。
b0174217_11581852.jpg

登りは続きます。
b0174217_11593117.jpg

まだ周辺には川が流れてますから、橋も渡ります。
b0174217_1215116.jpg

登って来た道を見てます。山深く入ってきますと雨はやまないですね。
b0174217_1234836.jpg

牛廻越の頂上が見えて来ました。工事の名残か看板その他が残ってますね。
b0174217_1271163.jpg

牛廻越の頂上は平坦地になってます。此処は迫西川です。
b0174217_12103188.jpg

b0174217_12111225.jpg

牛廻越の下りです、此処から十津川温泉まで28kmの下りです。
b0174217_12125479.jpg

b0174217_12142221.jpg

b0174217_1215931.jpg

牛廻越から最初の集落が「迫西川」です。此処で昼食にしました。山の中のツーリングでは昼食は必携です、宿で作ってもらったおにぎり3個は美味かったです。
b0174217_1219595.jpg

雨宿りと昼食を採った小屋の横から崖下を見るとこれから下る道が見えてました。これを登って来るのは嫌ですね。
b0174217_122355.jpg

十津川温泉に到着です。国道168号の蕨尾の赤い鉄橋です。
b0174217_12254561.jpg

十津川温泉の平谷に本日の宿があるのですが少し早い時間に着きましたので時間つぶしをしておりました。
今回のツーリングでは超特大のサドルバッグで走りましたが、改めて見てみると大きいですね、昼食も脱いだポンチョも軽々と入りましたからね。
b0174217_1231555.jpg

by nbsan1491 | 2009-12-11 12:31 | Comments(0)