奈良・平城宮跡の東の端から、東の山中を見てます。東大寺や若草山がよく見えますね。1300年の昔の奈良平城京が蘇えります。


by nbsan1491
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
伊那市で宿泊するのは何年ぶりでしょうか、杖突峠の帰り道は何時も「長谷の仙流荘」を常宿にして、翌日から分杭峠を越えて、大鹿村から地蔵峠を越えておりましたが、今回は伊那市から塩尻へ出る予定で伊那で泊まりました。

伊那市での宿の朝ですが、雨に降られました。「自転車は昨夜から部屋に入れて貰いました」
b0174217_0255163.jpg

伊那街道の153号線です。
b0174217_0272841.jpg

伊那街道の小野宿
b0174217_0292823.jpg

b0174217_0295225.jpg

JR小野駅
b0174217_0305610.jpg

信濃二之宮 矢彦神社
b0174217_037217.jpg

b0174217_0372029.jpg

b0174217_0373751.jpg

b0174217_0375670.jpg

b0174217_038147.jpg

R153号  伊那街道(三州街道) 「善知鳥峠と分水嶺公園」
伊那方面
b0174217_04101.jpg

b0174217_0412963.jpg

塩尻方面
b0174217_042475.jpg

b0174217_042298.jpg

b0174217_0425851.jpg

b0174217_043209.jpg


JR塩尻駅に到着しましたが、雨は止みそうになくて、明日も雨かな~と・・・輪行で帰って来ました。。。
# by nbsan1491 | 2016-06-16 00:46 | Comments(4)
本日「2016年6月12日(日)が今井デイー」の本番です。

数年前までは、「名古屋のはづき御大さん」と毎年のように参加してまして、第一集合地が「JR茅野駅」でして第二集合地が「安国寺のコンビニ」で有りましたが、はづきの御大さんが逝去されてから宿泊の為の宿も変わってしまって、只今は「安国寺のコンビニ」を集合地となっています。
b0174217_21445855.jpg

安国寺の村道からR152号に入ります。
b0174217_21463866.jpg

杖突街道の峠道での絶景です。
b0174217_21492427.jpg

b0174217_21495134.jpg

杖突峠の峠の茶屋での記念写真です。写真は33名ですが写って無い人が6名います。総員39名です」
b0174217_21505366.jpg

何時も記念写真のカメラマンが多いので歯抜けになります。
b0174217_21524784.jpg

高遠饅頭が杖突峠の峠の茶屋で売ってました・・・女性を中心に食して貰いました。
b0174217_215529100.jpg

Oさんのサンジェとてもきれいに乗っておられました・・・懐かしいクルマです。
b0174217_21571031.jpg

私のお友達です。HIDEさんとKu-Riさん
b0174217_2158381.jpg

この二人解ります・・・
b0174217_21593533.jpg

中堀さんの「木リム車」です。
b0174217_220204.jpg

スナップ
b0174217_2221338.jpg

b0174217_2223324.jpg

杖突峠の峠の茶屋です。
b0174217_2233049.jpg

b0174217_224479.jpg

杖突峠を下って「伊那のSさん御夫妻」です。
b0174217_2251997.jpg

今日は伊那のSさん御夫妻と伊那市の天竜川までご一緒しました。今夜はここで泊まりです。
# by nbsan1491 | 2016-06-15 22:07 | Comments(0)
昨年2015年の「第14回今井デイー杖突峠」は故今井彬彦さんの生誕100年でありました。杖突峠の峠の茶屋には51名もの参加者が有りました。その上プランナーの「小諸・・・在の中堀 剛さん」から今井彬彦さん生誕100年の「MEMORIAL RUN 2015」の記念バッジを参加者全員にプレゼントしてくれました。素晴らしいバッジでした。。。
b0174217_9263836.jpg


今年も六月の第二日曜日に「杖突峠の峠の茶屋に正午に集まりましょうと言うことで私の「mixi」や「blog」に告知をさせてもらいました。

奈良から京都~名古屋~塩尻~岡谷までは結構な距離があります、JRで3時間弱の時間が掛かります。

杖突峠本番は6月12日(日)で有りますが、毎度のことのように前日の土曜日には現地上諏訪に入っております。今回は諏訪湖の窯口水門から高島城跡を見て常宿の「民宿すわ湖」に入りました。

JR 中央線 塩尻駅です。
b0174217_1261324.jpg

b0174217_1263385.jpg

諏訪湖の水が唯一流れ出ているのが「旧釜口水門」で此処から天竜川の流れとなって南下して太平洋に注ぎます。
旧釜口水門(船通し)
b0174217_1210570.jpg

水門から天竜川に
b0174217_12103853.jpg

b0174217_12105890.jpg

諏訪湖
b0174217_12112531.jpg

水門
b0174217_12115981.jpg

琵琶湖周航の歌の作者「小口太郎顕彰碑」
b0174217_12524430.jpg

b0174217_1253931.jpg

b0174217_12533571.jpg

b0174217_12535825.jpg

この歌は琵琶湖の歌で、関西ですから、関東の人には馴染みが少ないかと思います、良い歌で良い曲です。
b0174217_12571455.jpg


諏訪の高島城跡
b0174217_12591643.jpg

天守
b0174217_12594891.jpg

城内からの門
b0174217_1305697.jpg

b0174217_131255.jpg

JR 上諏訪駅
b0174217_1321492.jpg

# by nbsan1491 | 2016-06-15 13:02 | Comments(0)
出店されてる、お店の続きです。
b0174217_9102893.jpg

左端の黄色の紙箱の中にお宝の「タイヤ・チューブ」が入ってました。
b0174217_9104096.jpg

b0174217_9133041.jpg

b0174217_9135542.jpg

b0174217_9142170.jpg

左上の「木リム」も売ってました。
b0174217_9152823.jpg

b0174217_9155454.jpg

b0174217_9162146.jpg

b0174217_917112.jpg

b0174217_917328.jpg

手入れの行き届いた、レアー物のサドルにお宝が有りました。
b0174217_9191579.jpg

有りました・・・「サンツアーの歴史本」
b0174217_9205291.jpg

b0174217_921513.jpg

b0174217_9221026.jpg

b0174217_9223061.jpg

これも売り物・・・
b0174217_9225250.jpg

b0174217_9233234.jpg

b0174217_9235691.jpg

b0174217_9241615.jpg

b0174217_9244110.jpg

殆どの部品が変えられている「素晴らしいモールトン」
b0174217_926437.jpg

「サングラス・・・マスク」の完全装備のダイチャン。
b0174217_9283295.jpg

竜神丸さんの[TREK レーサー」
b0174217_9294328.jpg


天気予報が外れて雨も降られず、暑くも無く良いシクロジャンブルでした・・・主催者さん、有り難う。
# by nbsan1491 | 2016-05-30 09:31 | Comments(0)
恒例「服部緑地」のシクロジャンブルに行って来ました。

「開催日」 2016年5月29日(日) (10:00~14:00)

「場所」 大阪 服部緑地 民家集落南広場

(*)半年ぶりの自転車愛好家の集い、「シクロジャンブル」の開催です、事前の天気予報では午前中は曇り空で昼から弱雨となっていたので、家を出るのが遅れてしまって、現地到着が11時頃になってしまって会場は「宴たけなわ」で有りました。

地下鉄「緑地公園駅」下車です。
b0174217_8391555.jpg

b0174217_8393248.jpg

緑地公園会場への道
b0174217_8402751.jpg

昭和30年代前半から有った「服部緑地ユースホステル」の跡地です。
b0174217_841516.jpg

会場に近づきますとこんな自転車も走ってました。
b0174217_8425643.jpg

会場
b0174217_843298.jpg

b0174217_843487.jpg

b0174217_844731.jpg

b0174217_8442631.jpg

b0174217_8444233.jpg


何時も通り出店のお店です・・・
b0174217_8454043.jpg

b0174217_8455783.jpg

お久しぶり・・・愛知からお越しの「ケッタさん」
b0174217_847834.jpg

b0174217_8473336.jpg

最早販売済みかな~
b0174217_8482091.jpg

これは凄い・・・ヘッドバッチの大量展示です。東大阪のMさん。
b0174217_8502677.jpg

b0174217_8505488.jpg

b0174217_8511841.jpg

b0174217_8514317.jpg

b0174217_8522855.jpg

b0174217_8531448.jpg

b0174217_8533692.jpg

b0174217_8535215.jpg

「アルプス」 売り物でした。
b0174217_8543922.jpg

b0174217_8545642.jpg

b0174217_8551431.jpg

b0174217_8562184.jpg

40年前の「ユーラシア」
b0174217_8571979.jpg

b0174217_8574023.jpg


b0174217_8581894.jpg

b0174217_8583695.jpg

b0174217_8597100.jpg

これは売り物だったかな~
b0174217_8595048.jpg

「次に続く」
# by nbsan1491 | 2016-05-30 09:01 | Comments(0)

 夏  は  来  ぬ

五月も中旬が過ぎて来ますと、各地から夏の便りが其処かしこから伝わって参ります。

時候の挨拶がよりより季節感じさせるこの頃ですね~

「六 月」 (水無月)

初夏の候、薄暑の候、向夏のみぎり、

「七 月」 (文月)

盛夏の候、炎暑の候、大暑の候、酷暑のみぎり、

「八 月」 (葉月)

季夏の候、晩夏の候、


「 夏 は 来 ぬ 」 (教育唱歌集)

 (佐々木信綱  作詞) (小山作之助  作曲)

(1)卯(う)の花の  匂(に)う垣根に  時鳥(ほととぎす)  早(はや)もきなきて  忍音(しのびね)もらす

夏は来ぬ。

(2)五月雨(さみだれ)の  そそぐ山田に  早乙女が  裳裾(もすそ)ぬらして  玉苗(たまなえ)ううる

夏は来ぬ。

(3)橘(たちばな)の  かおるのきば  窓近く  蛍とびかい  おこたり諫(いさ)むる  夏は来ぬ。

(4)楝(おうち)ちる  川辺の宿の  門遠(かどとお)く  水鶏(くいな)声して  夕月すずしき  夏は来ぬ。

(5)五月(さつき)やみ  蛍とびかい  水鶏(くいな)なき  卯の花さきて  早苗(さなえ)うえわたす

夏は来ぬ。

 「 明治二十九年五月 新 編 教 育 唱 歌 集 」
# by nbsan1491 | 2016-05-22 20:56 | Comments(0)
昨年2015年は「故今井彬彦さん」の生誕100年で6月の信州・杖突峠に51名ものサイクリストが集まってくれました。プランは杖突峠の峠の茶屋に正午に集まって、お久しぶりと挨拶を交わすだけなのですが、何故かこれと言ったプランが有るわけではないのですが・・・沢山の参加をして頂きました。そうそう当日はプランナーの「信州・小諸の中堀さん」からピンーズの記念品を頂きました・・・有り難うございました。。。

(*)今年もプランナーの信州・小諸の中堀 剛さんから今井彬彦メモリアルランの告知が届きました・・・

(*)毎年恒例となりました今井彬彦メモリアルランを下記の通り開催致します。自転車遊びのサイクルツーリストの大先輩を偲んで峠の茶屋にご参集下さい。

「日 時」 2016年6月12日(日) (正 午)

「場 所」 信州・杖突峠 峠の茶屋

「形 式」 集合サイクリング 「各自お好きなルートでお集まり下さい」 (参加自由)

「問い合わせ」 RETROCYCLES  浅 麓 堂  中堀まで

今井デイー杖突峠の第一回の開催は2002年6月9日のニューサイクリング誌の主催で開催されました。今井彬彦さんは前年の2001年6月5日に逝去されました。「享年86歳」

昨年2015年6月14日に今井デイー杖突峠が開催されました。この年が今井さんの生誕100年で有りまして、杖突峠の峠の茶屋に51名のサイクリストが集まって頂きました。

(A)故 今井彬彦さんです。
b0174217_9465384.jpg

(B)第一回(2002年)の今井デイー杖突峠の参加者です。
b0174217_9485134.jpg

(C)昨年第14回(2015年)の今井デイー杖突峠の参加者です。
b0174217_951948.jpg


(*)このプランは参加の予約も費用も有りません、ご自由にご参加下さい。日頃の御無沙汰の人もご参加下さい。。。
# by nbsan1491 | 2016-05-20 09:44 | Comments(2)
今日の自転車散歩は珍しくフロントバッグ付きの自転車で出かけました。自転車旅にしろ自転車散歩にしろ、フロントバック(大型)で出かけることは殆ど無いので有りますが今日は本当に久しぶりに出かけました。

サイクリングを始めたのが昭和30年の前半でこの頃はフロントバッグは殆どなくてサドルバッグ一辺倒でこれに小型のザックを担いで長距離旅をしていたようです。一般的には昭和40年頃からフロントバッグを使用した旅自転車が主になり其れが現在まで続いているようですね。

今年はフロントバッグを使った自転車旅をしましょうかと目論んでいるのですが、果たして如何なりますか。。。

今日のお散歩は何時も通り平城宮跡まで帰って来まして、朱雀門の前で写真を取りましたが、今日は月曜日で平城宮跡お休みで有りました。
b0174217_215312.jpg

お休みで門は締まってます。
b0174217_21631.jpg

この自転車には「フロントキャリア」と「リアーキャリア」をセットしてあります。昔は小型ザックを担いでいたのですが、「肩が凝ります」のでフロントバッグとサドルバッグをセットして旅をします。
b0174217_21183049.jpg

b0174217_21152365.jpg

この自転車は[650-38B」のタイヤをセットしてます。「変速機のメカは大好きな「ジュラエース」の7400をセットしてます。クランクは「スギノのプロダイ」です。
b0174217_21154295.jpg

# by nbsan1491 | 2016-04-11 21:17 | Comments(2)
新年の自転車旅は1月は「愛知の新春サイクルミーテイング」で2月は「ランドナーオフの御前崎」で有りまして、3月はこれも恒例「サイクリスト・ミーテイング」です。表題に有りますように第九回であります。是より以前は、東京の荒川サイクリングクラブの故石原政雄さんがサイクリストミーテイングを開催してくれていたのですが、ヨコハマサイクリングクラブの「yosizawaさん」が引き継いで第九回まで開催を続けて頂きました・・・もうそろそろ辞めようかと言いながら今年も参加は19名の気心の知れた顔馴染みの皆さんと二日間を楽しんで参りました。。。

私は奈良ですから18日に奈良を出まして、19日の土曜日10時に下田駅集合は無理が有りますので何時も前泊まりで参加してます。今回は初日から「yosizawaさん」や他の皆さん方と御一緒に走ろうと前泊まりにしました。、土曜日の当日に下田駅で御迎えをさせて貰いました。

残念ながら当日は朝からの強烈な雨で少々時間を延ばして様子見をしましたが、やみそうにないので雨の中を出発しました。

「今日のコース」
下田駅から国道136号を下賀茂~妻良港~マーガレットラインを走って~雲見~石部~岩地温泉の宿に入りました。下田駅から一緒に走ったのは10名で残り9名はマイプランで宿に集合しました。

b0174217_2281718.jpg

駅前の温泉です。
b0174217_2285261.jpg

下田駅前
b0174217_2292049.jpg

今夜の宿 「伊東園ホテル」
b0174217_22113967.jpg

19日の駅前は大雨でした。
b0174217_22143414.jpg

朝宿を出るときから雨ですからポンチョをかぶってました。
b0174217_22153017.jpg

定刻皆さんが到着してきました。
b0174217_22194574.jpg

b0174217_2220360.jpg

b0174217_22201980.jpg

b0174217_22203769.jpg

b0174217_22205443.jpg

食事の間にお天気が回復しました。
b0174217_2225372.jpg

b0174217_22514560.jpg

b0174217_22251867.jpg

b0174217_22253538.jpg

今夜の宿、岩地への道路から見てます。
b0174217_11291991.jpg

伊豆・岩地温泉の宿での食事です。
b0174217_22453380.jpg

b0174217_2246517.jpg

b0174217_22463136.jpg

b0174217_2246594.jpg

b0174217_22472574.jpg

朝の記念写真の後解散です。
b0174217_22333756.jpg

b0174217_2234088.jpg

宿の遠望です。

b0174217_22341773.jpg

岩地温泉からダウンヒルで松崎の街中に入って来まして、此処で皆さん方とはお別れです。皆さんは県道15号松崎街道の婆娑羅峠(トンネル)を越えて伊豆急下田駅へ帰って行きました。
私は松崎の国道136号線沿いに有る・・・「故 atsさん」が大好きだった、回転ずしのととやへ寄りましたが開店が11時からなので、写真を取っただけでした。
b0174217_1754594.jpg

その後は国道を堂ヶ島~田子魚港へ
b0174217_18182751.jpg

宇久須の町に黄金崎クリスタルパークと言う世界一流のガラス芸術を集めた美のミュージアムがあります。
b0174217_1863742.jpg

とても良い名前の「恋人岬」ですが・・・何処がでしょうね~
b0174217_188823.jpg

体調も今一で元気が有りませんので「土肥」から駿河湾フェリーで清水へ渡ります。
b0174217_1895522.jpg

b0174217_18102412.jpg

「土肥」~「清水」間の駿河湾フェリーは「1日4便」(所要1時間5分)
b0174217_1814194.jpg

清水港からJR清水駅へ、輪行して静岡から新幹線で帰って来ました。
# by nbsan1491 | 2016-03-22 22:38 | Comments(0)
三月も中旬になって参りました。これから良い季節になって来ますね。ついこの間まで「梅の花」が話題になってましたが、今月の末頃から日本人が待ち焦がれている「桜の花」が列島に咲き出します。お出掛けには最高ですね。そしてこれから咲き出すのが「蕨」です、自然に生えてくる「わらび」と読みます。

奈良の都の奈良時代(770年頃)の「志貴皇子」(しきのみこ)は奈良朝最後の「光仁天皇」となられたましたので「春日宮天皇」と諡名(おくりな)されました。「志貴皇子」の御陵は奈良市の高円山東側田原の里にあります。

その「志貴皇子」が春を読まれた、万葉集目録の(巻八・一四一八)に載せられた「さわらび」の歌です。

   「 石ばしる  垂水の上の   さ蕨の    萌え出づる春に  なりにけるかも  」 

   「 石 激   垂見之上乃   左和良妣之   毛要出春尓   成 来鴨  」

 (*)万葉集の中でこの歌は「春雑歌」に入れられて有ります。

(*)一年で一番良い季節であります、大いに楽しみましょう・・・さてお出かけの予定は如何でしょうか。。。

(*)私の予定は3月18日から前泊まりで伊豆半島の下田市から弓ヶ浜~石廊崎~妻良~マーガレットラインを走って岩地温泉で泊まりです。翌日は岩地~松崎から伊豆の西海岸をのんびりとユッタリと楽しみます、土肥から駿河湾フェリーで清水へそして静岡へ・・・新幹線で帰ります。

お天気が良くて体調が宜しければ(懐具合も)土肥~戸田~大瀬崎からの海岸線を沼津辺りまで足を延ばして参りますか。「蕨」も出てるでしょうかね~」
b0174217_11243081.jpg

(*)伊勢の先輩この万葉集の歌は如何でしょうか。。。
# by nbsan1491 | 2016-03-13 11:24 | Comments(0)