奈良・平城宮跡の東の端から、東の山中を見てます。東大寺や若草山がよく見えますね。1300年の昔の奈良平城京が蘇えります。


by nbsan1491
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
第16回 「今井彬彦メモリアルラン」が今年も開催されます。

プランナーの「信州・小諸の中堀 剛さん」から告知が届きました。

(日 時) 2017年6月11日(日)

(場 所) 信州・杖突峠・峠の茶屋 (正午)(雨天決行)

(形 式) 集合方式・各自が自由にお好きなコースで集合して下さい。

     (過日・逝去された「新田 眞志さん」の思い出の自転車を展示します。

     (写真は2016年の今井デイ杖突峠です)

b0174217_16243720.jpg

# by nbsan1491 | 2017-05-12 16:24 | Comments(0)

マグ カップ

私はコーヒーが大好きで、朝昼晩とコーヒーを飲んでいます、昔は標準的なコーヒーカップで飲んでいたのですが、最近は何度も入れるのが邪魔くさくなって大きなカップに替わっています。
(*)この大きなカップでお酒やビールが飲めたら,私の人生も替わっていたのでしょうね。

b0174217_10274611.jpg


このカップは「東京・NCTC」(日本サイクリスツ・ツーリング・クラブ)の70周年記念会の記念品として頂いた物です。
b0174217_10305884.jpg

信州の保福寺峠の景観をイメージした物だそうです。
b0174217_1032349.jpg

毎年2月に開催されている「ランドナーオフ 御前崎」の運が良ければ頂ける「サンプレ」印のマグカップです。
b0174217_10334765.jpg

このカップは「CASTELLI」(サソリ・マーク)のマグカップです、このマークは1950年~1970年頃に自転車用部材で、沢山の商品が有ったのですが・・・私の手持ちに自転車用のさそりマークの「ジャージー・ニッカ」が有ります。
b0174217_1040590.jpg

# by nbsan1491 | 2017-03-30 10:44 | Comments(0)

京・伏見と桃山を歩く

3月22日(水)我が家から,近鉄電車の「西大寺駅~桃山御陵前駅」へ急行で28分で着きます。この駅を中心にして「西に京阪電車の伏見桃山駅」と「東にJR桃山駅」が有ります。こんな小さな町の中に私鉄2本とJR1本が走っております、大昔から近代まで歴史が一杯なのでしょうね。

近鉄桃山御陵前駅で下車して駅前から大手筋いっぱいに赤い大鳥居が立っている。
b0174217_18241360.jpg

b0174217_18243573.jpg

b0174217_1825980.jpg

b0174217_18253261.jpg

赤い大鳥居を越えて右側に累々とした豊臣時代の伏見城の石垣の名残りを見ながら暫く行くと・・・
b0174217_183075.jpg

b0174217_18302890.jpg

御香宮の神門に出る。
b0174217_18314773.jpg

b0174217_1832654.jpg

b0174217_18323357.jpg

この門は1622年水戸中納言が寄進したもので重量感あふれる豪壮な構えは流石に伏見城大手門というにふさわしい・・・
b0174217_18363337.jpg

b0174217_1837333.jpg

拝殿
b0174217_1837401.jpg

参加者全員集合
b0174217_10324417.jpg

伏見桃山稜(明治天皇陵)
先出の御香宮からJR桃山駅を通って御稜参道が1kmばかり続く。
b0174217_18432295.jpg

b0174217_18434785.jpg

御陵参道で二歳児保育園児がお散歩してました。
b0174217_18441847.jpg

b0174217_18465556.jpg

b0174217_1847165.jpg

b0174217_18473541.jpg

b0174217_18475525.jpg

広大な敷地です、遠望、天皇陵を背にして凄い景観です。
b0174217_18491263.jpg

参道
b0174217_18494278.jpg

旧伏見城の石垣の石です。
b0174217_1851519.jpg

桓武天皇陵参道(第五十代天皇)(治定稜、延暦25年、806年)
b0174217_18585372.jpg

先ほどの二歳保育園児と又会いました。
b0174217_190243.jpg

b0174217_1903510.jpg

伏見桃山城
b0174217_1912461.jpg

b0174217_1914671.jpg

b0174217_1922594.jpg

全員集合
b0174217_1932885.jpg

伏見の町中に入って来ました、幕末会津藩駐屯地
b0174217_1953836.jpg

日本酒 月桂冠酒蔵
b0174217_1985855.jpg

b0174217_1993354.jpg

b0174217_1995412.jpg

b0174217_19104087.jpg

「 坂本龍馬 旅籠 寺田屋(史跡)」
史跡 寺田屋の大提灯をつるした昔ながらの旅籠がある、江戸時代からこの地は淀川三十石船の発着地点で船着き場には船宿が沢山ならんでいた、現代の駅前旅館(ホテル)だったのかな~。
b0174217_19195955.jpg

b0174217_19202020.jpg

b0174217_19204491.jpg

b0174217_1921961.jpg

# by nbsan1491 | 2017-03-26 19:21 | Comments(0)
3月20日(月)(春分の日)「日本サイクリスツ・ツーリングクラブ 京都」の3月例会に奈良盆地周遊ラン」がクラブランとして開催されましたので、我が家の近くの近鉄西大寺駅に輪行やクルマで集合されますので地元として「迎撃」をしてあげましょうと駅までお迎えに行きました。参加者は11名男子ばかりです、このクラブは女性の参加も盛んで何時も参加者があるのですが今日は~。

b0174217_1218246.jpg

本日のプランナーは「Y-TUCHIDA」さんです。
b0174217_12183924.jpg

西大寺駅を出発して直ぐの所に1300年の昔の奈良の都の平城宮跡があります、広大な宮跡をお散歩宜しく走ってました。「只今大極殿周囲を工事中です」
b0174217_1224584.jpg

平城宮跡から法華寺前を通り明治の遺構「賀茂から奈良」への大仏鉄道の駅跡に寄り、奈良でも最も古い大学の奈良女子大に寄りました。
b0174217_1227268.jpg

b0174217_1227482.jpg

奈良へ来ましたら興福寺から猿沢の池ですね。外来種のカメを駆除したら池のなかのカメが激減した
b0174217_1229750.jpg

猿沢の池から南へここから奈良の「上街道」の始まりです、奈良町を通って帯解寺へこの寺は安産祈願の由緒が有ります。上街道を南へ走ると「大和神社」(おおやまとじんじゃ)大国主神をまつり戦前の戦艦大和はこの大和神社の御魂を祀っていた。
b0174217_12373061.jpg

b0174217_12383716.jpg

箸墓古墳は耶馬台国の女王卑弥呼の墓という説もあり我が国において最も著名古墳のひとつである。
b0174217_12452760.jpg

b0174217_12454550.jpg

b0174217_12461528.jpg

b0174217_12464374.jpg

前方の畑の中の広場に耶馬台国の女王卑弥呼の建築物遺構が有ったと言われている。JR桜井線の「巻向駅」の前の辺りです。
b0174217_1253164.jpg

b0174217_12532291.jpg

巻向から八木に入ってきました。
「八木の札の辻」此処は古代からの幹線道路である「横大路」と「下ツ道」の交差する所で重要な地域でありました。
b0174217_12574813.jpg

札の辻交流館の前 (元は旅籠であったそうです、建て直してあります)
b0174217_12593083.jpg

b0174217_12595462.jpg

交流館内のお茶の接待、
b0174217_1303066.jpg

田原本の「鏡作坐天照御魂神社」古くから鏡つくりの神として信仰を集めてきた。
b0174217_1343950.jpg

今日の自転車「700-25C」サドルバッグ使用のクラブモデル。
b0174217_139770.jpg

昔懐かしい部品「タイヤセーバー」(仏)パンク防止 1960年頃か?当時250円くらいかな?
b0174217_13114919.jpg

皆さん近鉄西大寺駅から輪行でお帰りです、最高のお天気で・・・ご苦労様お疲れ様でした
b0174217_13133458.jpg

# by nbsan1491 | 2017-03-21 13:19 | Comments(0)
30年の昔に東京・荒川サイクリングクラブの代表をされていた、故「石原政雄」さんが始められた,この集いを「神奈川・ヨコハマサイクリングクラブ(YCC)」の「k-yoshizawa」さんが引き継がれて「サイクリスト・ミーテイング」と名前を付けて活動されて今年で10年になります。この時期3月の伊豆半島は「青い海と温泉三昧」の楽しみと当然海の幸の食べまくりを楽しんできました。

この時期は伊豆半島の中でも河津の早咲き桜が「2月10日~3月10日」なので各観光地の宿は満員で一人客は中々泊めて貰えなくて、予定変更して「清水」から駿河湾フェリーで土肥に渡り伊豆半島の西海岸を松崎~岩地へ向かいました。

前日のJR清水駅に降り立ちましたら駅のプラットホームから「富士山」がよく見えました。
b0174217_11394457.jpg

翌朝8時の一番フェリーで土肥へ向かいます。
b0174217_1141257.jpg

今回の旅のお供は「アルプス・パスハンター」です。
b0174217_11414644.jpg

清水港を出発
b0174217_11442533.jpg

1時間少々で「土肥港」に到着です。
b0174217_11454762.jpg

b0174217_11462553.jpg

b0174217_1147540.jpg

フェリー乗り場から出発です、恋人岬を目指して・・・
b0174217_11482385.jpg

乗って来たフェリーが清水港へ帰ってゆきます。
b0174217_11495997.jpg

「達磨寺」高さ5m座像では日本一大きい達磨大師像があり、病気平癒のご利益が有ると言われる。
b0174217_11551288.jpg

b0174217_11554448.jpg

b0174217_11563542.jpg

b0174217_11565916.jpg

「ここは恋人岬」です。岬の突端までは、林の中の遊歩道を歩いて15分、展望台にはラブコールベルが有り、思う人の名前を呼びながら3回鳴らすと永遠の愛がかなうという。
b0174217_1224979.jpg

b0174217_123983.jpg

b0174217_1235329.jpg

宇久須の町に入って来ました。
b0174217_1245973.jpg

「黄金崎クリスタルパーク」
ガラスの原料となる硅石の日本有数の産地、此処ならではのミュージアム。ガラスで覆われた館内に、世界各国の多彩なガラス造形作品を展示されている。
b0174217_1211863.jpg

b0174217_12123566.jpg

宇久須(賀茂)から松崎まで9kmです。
b0174217_12145053.jpg

田子漁港へ
b0174217_12161875.jpg

堂ヶ島・・・西伊豆を代表する景勝地、断崖が続く海岸線を遊覧船でめぐる船の旅は堂ヶ島の大なる楽しみである。
b0174217_12203925.jpg

b0174217_1221944.jpg


松崎は古くからの西伊豆の経済・文化・交通の拠点として栄えてきた。町の中心を那賀川の清流がゆったりと流れなまこ壁を施した美しい民家や由緒ある社寺、明治のたたずまいを残す商家や学校などが点在する。
今回は神奈川の「故ATS」さんが好きだった、松崎の寿司や「ととや」で昼食しました。。。
b0174217_12285451.jpg

b0174217_12291074.jpg

b0174217_12294568.jpg

b0174217_12301121.jpg

松崎から岩地へ入って来ました。
b0174217_12311970.jpg

b0174217_1232770.jpg

今夜の宿「民宿 海光苑」
b0174217_12323635.jpg

宿の窓から海を見てます。
b0174217_12343959.jpg

夕食
b0174217_1235219.jpg

朝 全員集合です「14名」
b0174217_12364443.jpg


「富 士 山」
b0174217_12381424.jpg

b0174217_12384280.jpg

b0174217_1239493.jpg

b0174217_12393023.jpg

b0174217_1240412.jpg

# by nbsan1491 | 2017-03-15 12:42 | Comments(0)
小夜の中山の峠の茶屋で昼食を頂いて,その後は菊川の川沿いの自転車道を走って、後は砂いっぱいの太平洋自転車道から今夜の宿舎の御前崎の「民宿聖火」へ後半はフリーランでなだれ込むのです。

小夜の中山の峠の茶屋の集落には、第一回の御前崎オフから大歓迎をしてくれたワンコ(犬)が居て何時も元気に吠えて大歓迎をしてくれていたのですが、昨年の第13回の御前崎オフから吠えてくれなくなって「老衰」の為に死んだようですが、今年は新しいワンコが吠えてくれるかな~楽しみにしてましたが、犬小屋には居らなかったです。。。

菊川沿いの自転車道を走って太平洋自転車道に着きました。此処は太平洋の海風をまともに受けて自転車道が砂でいっぱいです。
b0174217_11393473.jpg

b0174217_11401133.jpg

b0174217_11404216.jpg

b0174217_1142528.jpg


此処が最終の休憩地のネコ広場です。
b0174217_114426.jpg

大きなネコが一匹居ました。
b0174217_1144583.jpg

クリクリさんからここから宿までのフリーランのお話し。
b0174217_11462557.jpg


今回のお楽しみは「宿の民宿聖火」さんの大宴会です。
b0174217_11485127.jpg

b0174217_11491312.jpg

b0174217_11493743.jpg

b0174217_11501086.jpg


この大宴会のもう一つのお楽しみが「ジャンケン 大発会のお楽しみ」私は今まで当たった事がないのです、素晴らしい景品が当たります。内容は参加して会場で確認して下さい。
皆さん立ち上がってジャンケンに迫力を付けています。
b0174217_1154685.jpg

b0174217_115430100.jpg


朝食の後は朝のミーテイングです。
b0174217_11573067.jpg

b0174217_11575135.jpg


出発です。朝から雨です、皆さん雨具を付けてます。
b0174217_11583034.jpg

b0174217_11594012.jpg

b0174217_120865.jpg


終日の雨で殆ど写真が撮れておりません。
b0174217_122323.jpg

b0174217_1222466.jpg


b0174217_124113.jpg


サイクリングの雨にはポンチョが「走るのも、着たり・脱いだり」するのも便利です。
b0174217_1232811.jpg

# by nbsan1491 | 2017-02-20 12:11 | Comments(2)
毎年のこの時期(2017年2月4日~5日)に「御前崎オフ」が開催されてます。このプランと6月の「今井デイー杖突峠」と秋頃に開催される「全国サイクリングクラブラリー」この3プランは何を差し置いても参加する大事な催事です、年間プランの楽しみなプランなのです。

今回の予定は前日の2月3日に島田市の何時もの宿に宿泊して当日に備えました。なんせ奈良から大井川・新金谷駅は遠いです。

2月4日の朝は最高のお天気で集合地に行く前に江戸時代からの遺跡で有ります、「大井川川越遺跡」が往時の島田宿大井川の渡し場近くの街道町並みを保存して、川越を取り仕切った「川会所」や川越人足の詰め所「番宿」などが復元されています。

江戸時代の川越えの賃料は一番安い「肩ぐるま」で90文だったそうです、当時のお蕎麦一杯の値段が「二八そば」で10文だったので、これが高いのか??・・・安いのか??

今日の自転車です。(アルプス・クライマー)
b0174217_10374011.jpg

大井川・川越え遺跡への入り口です。
b0174217_10394137.jpg

川越え人足の詰め所「番宿」の通りです。
b0174217_1041078.jpg

b0174217_10412984.jpg

b0174217_10415532.jpg

b0174217_10422383.jpg

b0174217_10461255.jpg

b0174217_10463674.jpg

b0174217_1047247.jpg


集合地の大井川鐵道・新金谷駅
b0174217_10483245.jpg

駅舎前の黒い郵便ポスト
b0174217_10485320.jpg

大井川鐵道の運賃表です、蒸気機関車は別途料金です。
b0174217_10502865.jpg


そろそろ参加の皆さんが集まって来ましたミーテイングの始まりです。
b0174217_10522437.jpg

何で手を上げているのかな~(初参加の人たちかな~)
b0174217_10543238.jpg

常連さん。
b0174217_1055999.jpg

プランナ~クリクリさんのご挨拶です。
b0174217_10564012.jpg

朝の全員集合です。(参加60名)
b0174217_1058768.jpg

すばらしい自転車。
b0174217_10592126.jpg

b0174217_10594832.jpg

b0174217_110975.jpg

新金谷駅の蒸気機関車です。
b0174217_1112434.jpg


出発です。
b0174217_112630.jpg

b0174217_1151937.jpg

b0174217_1155615.jpg

b0174217_1163213.jpg

b0174217_1165665.jpg

b0174217_1172239.jpg

b0174217_1175294.jpg

b0174217_1182317.jpg

b0174217_1184555.jpg

b0174217_1191099.jpg

b0174217_1110077.jpg

b0174217_11103951.jpg

b0174217_1111348.jpg

b0174217_11112765.jpg

b0174217_11115655.jpg

b0174217_11122585.jpg

b0174217_11125361.jpg

b0174217_11134053.jpg

b0174217_11141419.jpg

b0174217_11144328.jpg


最初の休憩地です、これから牧ノ原の大茶園へ登りが続きます。
b0174217_11163376.jpg

途中・・・何の写真を取っているのかな~。
b0174217_11193673.jpg

遠くに富士山が見えます。(正面高い柱の左にうっすらと)
b0174217_11203177.jpg


小夜の中山の途中の激坂はカットしてます?、小夜の中山峠茶屋の扇屋さんに皆さん到着です。
一番乗りは「キクリンさん」でした。後ろから「パピヨンさんとクロンボさん」が弁当を運んでます
b0174217_11233655.jpg

b0174217_112783.jpg

b0174217_11274476.jpg

b0174217_11282741.jpg

b0174217_11285838.jpg

b0174217_11294443.jpg

b0174217_11301311.jpg

b0174217_11303636.jpg

b0174217_11305465.jpg

b0174217_11312016.jpg

b0174217_11314760.jpg

b0174217_11322291.jpg

b0174217_11325413.jpg

b0174217_11332261.jpg

b0174217_11335081.jpg

b0174217_11341745.jpg

b0174217_1134463.jpg

b0174217_11351155.jpg

b0174217_11353648.jpg

b0174217_1136290.jpg

b0174217_11362736.jpg

b0174217_11364848.jpg

b0174217_11371265.jpg

b0174217_11373736.jpg

b0174217_1138576.jpg

b0174217_1138321.jpg

b0174217_11385299.jpg

b0174217_11392657.jpg

b0174217_11394726.jpg

b0174217_11401245.jpg

b0174217_11403770.jpg

b0174217_114114.jpg

b0174217_11412370.jpg

b0174217_11415217.jpg

b0174217_11422048.jpg

b0174217_11425421.jpg

b0174217_11431549.jpg

b0174217_11434496.jpg

b0174217_11441243.jpg

b0174217_11443950.jpg


お弁当と豚汁の配給に並んでます。
b0174217_11454459.jpg

何時もの黄色いご飯です。
b0174217_11463517.jpg

小夜の中山・峠の茶屋の扇屋さんでお世話になって居る皆さんです。
b0174217_11483858.jpg

峠の茶屋の親父さんの道楽の古い古いエンジンです。
b0174217_11495833.jpg

東海道の小夜の中山・峠と言えば、「西行法師」詩が有名ですね。
b0174217_1152067.jpg

小夜の中山・峠での全員集合です。
b0174217_11532780.jpg

強烈な峠道を足を着かずに登り切った強者です、女性も一人居ます。登り切った人には峠の親父さんから名物のお茶飴が貰えます。
b0174217_11563250.jpg


「次に続きます・・・」
# by nbsan1491 | 2017-02-19 12:01 | Comments(0)
御前崎のオフ会は今年で14回です、月日の経つのは早いです。皆さん14年前は若かった・・・
小夜の中山の峠登りもだんだんと厳しくなります、宿の宴席のお酒の量も減っているのでしょうね。
私のblogが逝ってしまって久しいのですが、写真掲載がトント動かなくてやっと載せられるようになりましたので気にしている人たちも居ることでしょうから、最後の「蓬莱橋の第一次解散」での写真を掲載しておきます。

第一次の解散地 「鳳来橋」です。
b0174217_19183730.jpg

b0174217_1919386.jpg


ご要望によりポンチョ会が発足してます。
b0174217_1920759.jpg

b0174217_19205864.jpg


何故かこんな写真が紛れ込んでました。「雨も又楽しい・・・と言うことでしょうか?」
b0174217_1924148.jpg


(*)残りの写真もゆったりと掲載してゆきます。
# by nbsan1491 | 2017-02-18 19:26 | Comments(0)
本日は2016年12月31日大晦日です。2016年今年一年お世話になりました。会社定年から十数年自転車遊びに精出して参りましたが、寄る年波で身体に無理が利かなくなりました、来年からは無理と無茶はせずにマイペースで自転車遊びを続けて参りたいと思っています。自転車遊びと同じように、小さなバイクでも旅をしてますので自転車と同様に続けて参りたいと思っています。もう一つリュックを担いでの山とか丘とかを歩いておりますので、この3つはこれからも体力の続く限り頑張って参りたいと思っています、ヨロシクお願いいたします。
b0174217_23521626.jpg

# by nbsan1491 | 2016-12-31 23:52 | Comments(2)

新規のパソコン

私のblog「NBsanの自転車遊び」が10月20日に故障で逝ってしまいました。修理をすべくメーカーに確認を致しますと製造と購入時期で7年以上ではメーカーの修理部品が在庫してないとの事、結果、新しい商品を購入下さいと言われまして、商品の購入とセッテイングに暇が掛かりましてこんなに時間が掛かってしまいました。特にデジカメ写真のセッテイングが大変でした、中々良いソフトが無いのです、色々教えて貰ったりしてソフトを試しましたが結果今まで使って居たのが宜しいようで今回の「ウインドウ10」になんとか使えるようです。

(*)これからしっかりとblogをつくって行きますので宜しくお願いします。
b0174217_2154336.jpg

# by nbsan1491 | 2016-11-24 21:25 | Comments(4)