奈良・平城宮跡の東の端から、東の山中を見てます。東大寺や若草山がよく見えますね。1300年の昔の奈良平城京が蘇えります。


by nbsan1491
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2015年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

年末12月も中旬が過ぎて、日々寒さも増して来ました。奈良の国中は盆地でも有りますので、冬場に雪が降ることは稀で一年2~3度程降ることは有りますが、気候的に夏は暑くて、冬は寒い気候の中に有ります。これは同じ盆地地域の京都とよく似た地域であります。

我が家から走りに出ますと直ぐの所に近年有名になって来ました「瓢箪山古墳」があります。この古墳は天皇陵関連古墳でも有りませんので、敷地内も墳丘上も自由に立ち入りが出来る古墳です。休日にはハイキングの人達が沢山来られます。

瓢箪山古墳
b0174217_14563336.jpg

b0174217_14565397.jpg

b0174217_14572182.jpg

さらに東へ走りますと、平城宮から京の山背へ向かう歌姫街道に出て来ます、この街道の真ん中にお地蔵さんが鎮座してます。
b0174217_150166.jpg
b0174217_1502714.jpg

b0174217_1504087.jpg

さらに東へ走りますと「八上池」に出て来まして、この池が聖武天皇の「松林宮」の有った所でこの池が宮の中に取り込まれていたそうです。識者によるとこの道が奈良時代の歌姫街道で有ると言う説も有るそうです。
b0174217_1591650.jpg

b0174217_1592796.jpg

さらに東へ走りますと、奈良の都の西暦710年よりも古い時代から有ったと言う「水上池」が有ります。
b0174217_15113972.jpg

この池周囲に「奈良~法隆寺」の自転車道があります。
b0174217_15124829.jpg

b0174217_151352.jpg

b0174217_15132386.jpg

この自転車道に並行して、「仁徳天皇」の皇后で有る、「磐之媛」の御陵(ヒシアゲ古墳)が有ります。
b0174217_15172631.jpg

違う角度から「磐之媛墓」見てます。
b0174217_15194319.jpg

この池は野鳥の宝庫で写真撮影の為に沢山の写真マニアが来てます。「白鳥かな?)
b0174217_15212323.jpg

b0174217_15214165.jpg

b0174217_1522157.jpg

水上池を通り過ぎてすぐの所に大きな古墳が2つあります。
御陵参考地の「こなべ古墳」です。
b0174217_15241598.jpg

b0174217_15243848.jpg

同じく御陵参考地の「うわなべ古墳」です。
b0174217_15254268.jpg

b0174217_15255851.jpg


この後国道24号のバイパスを走って平城宮跡に向かいます。
by nbsan1491 | 2015-12-18 15:28 | Comments(0)
(2015年12月16日)

今回の歩こう会は珍しく近鉄沿線の「菖蒲池駅」~「西大寺駅」~「新大宮駅」~「奈良駅」の駅を中心に電車に乗らずに歩いてきました。

集合地は「菖蒲池駅」です。地元民にとって「あやめ池」と言うと「あやめ池遊園地」の事で、1926年(大正15年)に開園しました。年中楽しめる、ビッグ・プレイランド近鉄あやめ池遊園地。春は桜が咲き乱れ、夏は南国ムードのレクレーションプール、秋は大菊人形、冬はボーリング場と「30万平方メートル」の敷地は迫力が有りました。

時代の流れも有りました来客の激変も有って経営も行きづまり・・・2004年(平成16年)に閉園しました。跡地は、近鉄不動産の住宅地なったり、近畿大学の小学校や幼稚園になったりして開校・開園している。

この周辺は、奈良時代はこの地が「西大寺の境内地」で花しょうぶ(あやめ)の池が有り大宮人が観賞したと伝えられている。

集合地の菖蒲池駅前です。
b0174217_20163920.jpg

b0174217_2017288.jpg

b0174217_20172789.jpg

駅前南口から西大寺へ向かってます。
b0174217_20184711.jpg

b0174217_20191164.jpg

此処は西大寺の境内地で只今は史跡・西大寺境内になってます。現在の西大寺と1000m程離れていますが、此処も境内地であったのですね。「西大寺の境内は只今の東大寺よりも広かったと言われています」
b0174217_20235492.jpg

b0174217_20241470.jpg

b0174217_20243268.jpg

西大寺と近鉄西大寺駅前を通って「平城宮跡」へ向かってます。平城宮跡資料館へ此処は埋蔵文化財の宝庫で一見の価値は有ります。
b0174217_20412791.jpg

b0174217_20414741.jpg

b0174217_204264.jpg

平城宮跡のメイン建造物が「第一次大極殿」です。
b0174217_20432241.jpg

b0174217_20434020.jpg

「東院庭園」此処で宴が催されていたのです。「本館は只今工事中でした」
b0174217_20452769.jpg

b0174217_20454819.jpg

春の桜の時期は奈良でもトップクラスの桜の名勝の佐保川堤です。
b0174217_20483065.jpg

b0174217_20484926.jpg

b0174217_20491326.jpg

明治の時代に京都府の加茂駅から走っていた「大仏鉄道」駅跡が「大仏鉄道記念公園」になってます。
b0174217_2051680.jpg


(*)此処から「油阪舟橋商店街」を通って近鉄奈良駅まではすぐの距離です。何時もの自転車散歩のコースを歩いて楽しむのも良い物で有りました。
by nbsan1491 | 2015-12-16 20:58 | Comments(0)
2015年12月12日(土)~13日(日)

このプランは年末の忘年会を「望年会」と称して開催されて来ました。今年で6回目で「奈良の宇陀」「奈良の吉野」「伊勢志摩2回」「京都の童仙房」「今回の伊賀・名張・赤目」です。今年のこのプランで望年会を打ち止めとする事になりました。

「 伊賀上野小唄 」 (野口雨情)作詞
 
梅よ滝よと  上野がなけりゃヨ~  赤目 月ヶ瀬  仲とりもちて  誰がかけ橋 掛けるやら

「 名 張 節 」 (林 紀) 作詩

みんなおいでよ 紅葉の頃に 滝は名どころ 赤目や香落 銀のしぶきに 霞んだ町に 

黄金稲穂の 波がうつ 名張よいとこ 詩の町  ヤンレヨイヨイ ヨイトコセ

*伊賀の上野や名張では「赤目・香落・月ヶ瀬」は地域を代表する名所なのですね~

今回の集合地は近鉄本線の「伊賀神戸駅」と「JR伊賀上野駅」の調度中間に位置する駅でありまして、
担当主管の気配りで決まりました。しかしながら何にもない駅で当然無人駅です・・・この路線は「サイクルトレイン」も行われていて、乗車券があれば無料で自転車の持ち込みが出来ます、但し伊賀神戸駅とJR伊賀上野駅は取扱対象外です。。。

集合地の伊賀鉄道「依那古駅」です。
b0174217_1015471.jpg

b0174217_10155572.jpg

b0174217_10161017.jpg

出発してすぐに道の間違いにきずく・・・「上友生~摺見~伊勢路」
b0174217_1020256.jpg

近所のおばさんに道を聞いてます。この先行止まり。
b0174217_10213117.jpg

柿も・・・渋柿?
b0174217_10215624.jpg

やっと本道に
b0174217_1023013.jpg

今回の本道?の始まりです。
b0174217_10235480.jpg

b0174217_10241189.jpg

b0174217_10242885.jpg

昨夜の雨と落ち葉で凄いです。
b0174217_10252328.jpg

b0174217_10285097.jpg

伊勢街道の伊勢路の宿場です。
b0174217_10262923.jpg

b0174217_10292440.jpg

b0174217_10294110.jpg

奥鹿野で昼食にしまして・・・福川へ向かいます。
b0174217_1030554.jpg

b0174217_10312037.jpg

福川の集落
b0174217_10315832.jpg

集落の古い石橋
b0174217_10323672.jpg

霧生の集落  
b0174217_10332378.jpg

ガイド
b0174217_10335143.jpg

長坂地区 落ち葉がいっぱいです。
b0174217_10345576.jpg

b0174217_1035566.jpg

b0174217_1103116.jpg

b0174217_1124079.jpg

赤目四十八滝 滝本屋旅館での夕食です。
b0174217_10375171.jpg

b0174217_1038642.jpg

b0174217_10492837.jpg


滝本屋旅館の前での記念撮影です。
b0174217_10495924.jpg

by nbsan1491 | 2015-12-15 10:39 | Comments(2)