奈良・平城宮跡の東の端から、東の山中を見てます。東大寺や若草山がよく見えますね。1300年の昔の奈良平城京が蘇えります。


by nbsan1491
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2013年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

加齢と共に、フラットバーでゆったりと走るのも良いものだろうと、2台をフラットバーにしてみましたが。これが少々距離を増やしたり、峠登りをしますと調子も出ません、疲れも出てくるみたいなので、元のドロップバーに戻しました。

b0174217_2142716.jpg

b0174217_2152518.jpg


フラットバーを外してドロップバーにつけ替えました。ブレーキレバーの位置決め前です。(バーテープ)は巻いてません。
b0174217_2181463.jpg

ハンドルバーテープも巻きまして完成状態です。
b0174217_21105250.jpg

フロント廻り。(ハブ芯には汚れ取りのウエスを巻いてあります。)
b0174217_21113199.jpg

輪行を早く進められるようにペダルは「EZYのワンタッチ着脱にしました」
b0174217_21144147.jpg

旅サイ シールを張ってあります。
b0174217_21162231.jpg

by nbsan1491 | 2013-05-30 21:17 | Comments(0)
「夏も近づく八十八夜、・・・」これはも う五月の初旬に終わっているのですが。今日の奈良大和路は「気温30℃」「湿度14%」と真夏を思わせる気候で有りました。でも、とても気持ちの良いお日和でありますので、自転車散歩に何時もコースをブラブラと走って来ました。お散歩ですから、距離は稼げてません。。。

我が家を出ますと直ぐの所に、奈良時代の「平城山越え」(ならやまごえ)の歌姫街道があります。道の真ん中に大昔からの地蔵さんが鎮座してますので、道路はこの地蔵を避けて通っております。
b0174217_1892347.jpg

1300年の昔の「平城山越え」の歌姫街道はこの道だったと伝える説もあります。ハジカミ池越しの道。
b0174217_18112697.jpg

b0174217_18115244.jpg

東へ僅かな距離に「水上池」があり、池の周囲に自転車道が有ります。
b0174217_18142667.jpg

自転車道に沿って「仁徳天皇の皇后、磐之媛墓(ヒシアゲ古墳)(墳丘長は219m)の御陵があります。仁徳天皇の時代と言いますと奈良・平城京が造られる300年以上の昔の天皇ですから、この皇后の墓は・・・古いですね~。
b0174217_18182143.jpg

水上池の東側から池越し西を見てます。
b0174217_18193883.jpg

b0174217_1821734.jpg

陵墓参考地の小奈邊古墳(コナベコフン) 墳丘長は210m
b0174217_18283677.jpg

b0174217_182904.jpg

b0174217_182921100.jpg

b0174217_18294127.jpg

陵墓参考地の宇和奈邊古墳(ウワナベコフン) 墳丘長は260mは奈良県下の古墳としては大きい物です。
b0174217_18352739.jpg

b0174217_183546100.jpg

b0174217_1836292.jpg

平城京の「東院庭園」です。法華寺の隣に位置していてとても静かで良い所です。
b0174217_18404676.jpg

赤い屋根が見えてますが「東院庭園」の内部です。
b0174217_18413859.jpg

今日の自転車、お散歩には、フラットバーも良いものです。
b0174217_18423815.jpg

朱雀門です、今日は「小学生」や「中学生」が沢山来てました。
b0174217_1846239.jpg

中学生の女の子達が・・・何をしていても楽しい年頃なのですね。。。
b0174217_18471450.jpg

b0174217_18473456.jpg

b0174217_18475767.jpg

b0174217_18481459.jpg

b0174217_18482919.jpg

b0174217_18485088.jpg

b0174217_18493018.jpg

b0174217_18495411.jpg

広大な平城宮跡にも「タンポポ」が咲き出しました。
b0174217_18505185.jpg

b0174217_1851730.jpg

b0174217_18512467.jpg

平城宮跡のメイン「第一次大極殿」です。
b0174217_18531317.jpg

b0174217_185342.jpg

b0174217_18535441.jpg

第一次大極殿から約800m離れた「朱雀門です。
b0174217_18544711.jpg

平城宮跡の北側から東の山中を見てます。
b0174217_18553844.jpg

b0174217_1856294.jpg

中ほどの芝生の所が若草山です。
b0174217_18562016.jpg

水上池 西から
b0174217_1857224.jpg

b0174217_1857302.jpg


今日のお出かけは「ショーツ」でも良かったでしょうね・・・
by nbsan1491 | 2013-05-23 18:58 | Comments(0)
フランク・パターソンは1871年生まれのイギリス人で有ります。イギリスの田舎の自然の中を自転車を通してペン画を数多く残しました。「1952年没」

特に自転車遊びを趣味としている輩にとって、走っている道を通じて、ペン画の世界に感じる物が多々あるのでしょうね~。

フランク・パターソンの世界はサイクリングと自転車遊びの世界にドップリと浸かっている人達の世界だけの物と思っていたのですが、2013年5月12日の朝日新聞の記事として掲載された・・・これも只今の自転車ブーム特に旅自転車の世界が一般に理解されて来たからであろうか。。。

然しながら、現在のロードレーサー用自転車でフランク・パターソンの世界がこの本と共に理解されるのでしょうかね~。
b0174217_11431169.jpg

今回発売された「サイクリング・ユートピア」 (フランク・パターソン画集) 発行/交遊社 (4.725円)
b0174217_11505115.jpg

表紙の次
b0174217_11505040.jpg

私は若い頃から「フランク・パターソン」が大好きで、特に画集の後ろ姿が大好きです。自転車に乗車している人とお尻の下に装着されている「サドルバック」のバランスの良さが特に良いと感じられるのは、サドルバック大好きなサイクリングをしているからかも知れないですが。。。
b0174217_11563616.jpg

b0174217_11574623.jpg

b0174217_11571428.jpg

b0174217_11582196.jpg

b0174217_11574565.jpg

b0174217_11585583.jpg

b0174217_11581995.jpg

これは「フランク・パターソン」の自画像です。大好きでしてね。
b0174217_1201891.jpg

これは修理をしているのか・・・現在で言えば輪行作業中なのかも。。。
b0174217_1204423.jpg

b0174217_121215.jpg

写真の左側、足の短い、帽子をかぶったおじさんが「フランク・パターソン」の自画像です、このペン画の足の短さが何とも他人とは思えないで親近感を持ってましてフアンなのです。大昔はフレームサイズも「20半」に乗っていたのですが、現在は「19半」でも・・・???です。(これって解りますか...)
by nbsan1491 | 2013-05-21 12:02 | Comments(6)
昨日の大阪・服部緑地のシクロジャンブルの会場で小諸の中堀さんから頂いた「ちょっとクラシックな自転車フリーマーケット」の開催について。。。

案内(チラシ)を頂きましたので、掲載しておきます。最近は自転車遊びのフリーマーケットが各地で開催されていて大変な人気のようです。。。自転車遊びの情報と顔馴染の人達と走るだけのお付き合いではなくて休日の一日、楽しく部品やら、完成車やらを話題にして一日遊ばせてもらえますので人気があるのでしょうね。

「日時」 2013年5月26日(日) 10時~15時  (雨天決行) (荒天中止)

「場所」 アークカラヤン広場 (東京都港区赤坂1-12-32)

「問合」 サイクル マルシエ」 実行委員会 (tel 03-5278-7330)

b0174217_9504891.jpg


開催地が東京で有りますのでお出かけするのは少々無理が有ります。最近は自転車遊びのフリーマーケットがあちらこちらで開催されて人気を呼んでいるようで有ります。沢山の人が参加されて、プランを盛り上げて下さい。。。
by nbsan1491 | 2013-05-20 09:53 | Comments(0)
年に2回開催されている「シクロジャンブル」が17年目に入りました。だから33回かな34回かな・・・いずれにしても長い期間開催されて来たものです。本日のシクロジャンブルは天気予報が雨の予報だったので、如何なものかと心配していたが、当日の予報では昼までは何とか持ちそうで昼から雨になるだろうと予報されてました・・・予報通り昼前から曇り空からポツポツと降って来ました。皆さん適当にあと片付けも進んで何時もよりも早い時間に会場はすっきりとしてました。。。

私は会場に何時もよりも30分程早い目に到着致しました。

地下鉄「緑地公園」です。
b0174217_20415026.jpg

緑いっぱいの緑地公園です。
b0174217_20423665.jpg

シクロジャンブルの会場です。
b0174217_20464554.jpg

b0174217_20471494.jpg

b0174217_20472382.jpg

b0174217_2048984.jpg

b0174217_20482334.jpg

b0174217_20485772.jpg

b0174217_2049757.jpg

b0174217_2049438.jpg

お店です。
b0174217_20523837.jpg

b0174217_20534756.jpg

b0174217_20542598.jpg

b0174217_20545331.jpg

旅サイが沢山有りました。
b0174217_2056922.jpg

会場入り口に有りました「キャンピング車」これから旅自転車が流行るのかな・・・
b0174217_20573868.jpg
b0174217_20573984.jpg

b0174217_2058209.jpg

これは綺麗な自転車でした。「ズノウ」
b0174217_20591728.jpg

30数年前の「アルプス」です。フロントマッドガードが少々長いかな~
b0174217_2104129.jpg

これも綺麗な「ビバロ~」
b0174217_2114091.jpg

TOEI 24ホイール 430mmサイズ車(売り物)/奥はミキスト490mmサイズ車(売り物)
b0174217_2152156.jpg

モトベカン
b0174217_2175466.jpg


本日のお買い物 ボトル(ステン)
b0174217_2185485.jpg

by nbsan1491 | 2013-05-19 21:08 | Comments(0)

岩地~蛇石~下田

今回のサイクリストミーテイングは例年通り伊豆の松崎の隣の岩地温泉で開催です、ここの宿は毎回の開催で有りますので、参加者も宿の人達も勝手知った間柄で有りますのでとても楽しいプランで有りました。

岩地温泉の岩地海水浴場の全景です。
b0174217_20491625.jpg


宿の窓から岩地の海を見てます。
b0174217_20501016.jpg


宿の夕食です。参加はヨコハマCC、ヨコハマミナトCC、東通相模CC、奈良CCです。
b0174217_2115762.jpg

「前菜」
b0174217_20513932.jpg

「きんめのお刺身です。
b0174217_20522423.jpg

「アワビ」これが絶品でした。
b0174217_21205137.jpg



東京から伊豆の岩地まで自走で参加のお二人、荒川CCの「I倉さんと M上さん」です。
b0174217_2153472.jpg

翌朝宿の前での記念写真です。
b0174217_2162183.jpg

M上さんの「ルネルセ」です。これで東京から自走できました。
b0174217_2173767.jpg

岩地温泉の近くに有ります、棚田と石畳の道です。
b0174217_219633.jpg

棚田の道は強烈な登りです。
b0174217_2195849.jpg

途中の休憩地点「天神原植物園」此処で何時もコーヒーを頂きます。
b0174217_21121649.jpg

蛇石です。
b0174217_21133863.jpg

b0174217_21135617.jpg

b0174217_21141448.jpg

b0174217_21143622.jpg

b0174217_21152642.jpg

b0174217_21161637.jpg

b0174217_21163670.jpg

伊豆急「下田駅」から輪行で帰りました。
b0174217_21182793.jpg

by nbsan1491 | 2013-05-10 21:18 | Comments(0)
伊豆への旅は毎年恒例になってまして、今年は趣向を変えて清水港から土肥港へ西伊豆の海岸線を松崎から宿泊地の岩地温泉までコースをプランしました。当然この時期は富士山がよく見える筈なのです。

清水港のフェリーの中から。
b0174217_2291719.jpg

西伊豆の海岸線で左の先っぽが「大瀬崎」ですね。
b0174217_22111593.jpg

駿河湾フェリーで所要時間1時間5分で土肥港に着きます。
b0174217_22133841.jpg

b0174217_2213214.jpg

b0174217_22142023.jpg

b0174217_2214240.jpg

土肥港を出発して、恋人岬を目指しますが途中の絶景の「富士山です。
b0174217_22154648.jpg

恋人岬です。
b0174217_2218549.jpg

b0174217_22182348.jpg

b0174217_22184428.jpg

宇久須のクリスタルパークです。
b0174217_22193978.jpg

宇久須の町の「仁科峠」への分岐です。
b0174217_22203533.jpg

松崎の町の中の「トトヤ」これは「atsさん」に教えて貰っていた寿司屋さんです。
b0174217_22223656.jpg

松崎の名所「長八記念館」です。
b0174217_22241952.jpg

b0174217_2225182.jpg

松崎から岩地への海岸線の登りの途中の絶景の富士山です。
b0174217_2226154.jpg

b0174217_2227091.jpg

岩地温泉
b0174217_22265759.jpg

正面の赤い屋根の建物が今夜の宿です。
b0174217_2228720.jpg

岩地温泉の絶景はこの海でしょう。(宿の窓から)
b0174217_2229643.jpg


宴席と翌日プランは別の機会に。
by nbsan1491 | 2013-05-03 22:31 | Comments(4)
自転車輪行については、ペダルを外す人も有ればそのまま付けたままの人も有ります。今回の輪行方式はフロントフォークを「抜くタイプ」にしましたので、よりコンパクトに収納するためにはペダルは外す方が良いだろうと、前から考えていた取り外し簡単な「「三ヶ嶋・アーバンプラットフォーム(Ezy)スーペリアー」の取り外し式にしました。

流石は日本製「プラットフォーム」は本家レオタードよりもかっこ良いと思います。
b0174217_10401453.jpg


クランクへの取りつけと取り外しは上の部品をクランク取りつけて使用します。
b0174217_10423254.jpg

b0174217_10435097.jpg


ペダルの表側です。
b0174217_10442342.jpg


ペダルの裏側です。
b0174217_10452428.jpg


ペダルにトークリップとストラップを付けました。
b0174217_10465318.jpg


これで輪行時にペダルレンチで取り外しする事無く、ワンタッチで通り外しが出来ますので時間短縮が出来ます。
by nbsan1491 | 2013-05-01 10:48 | Comments(0)