奈良・平城宮跡の東の端から、東の山中を見てます。東大寺や若草山がよく見えますね。1300年の昔の奈良平城京が蘇えります。


by nbsan1491
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

<   2013年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

奈良大和路の天皇陵を代表する、大きな古墳群で最も人気の高い古墳にこの箸墓と奈良で最も人気の高い天皇に「第45代聖武天皇」の御陵は佐保山南陵と呼ばれています。今回の「卑弥呼伝説の御陵からすると500年以上の年代差がありますが、実在の天皇としての歴史も充分に解っている天皇でありますので、この古墳がが解明されたら素晴らしいことでしょうね。。。でも今回の「箸墓」の謎解明は大きな夢がありますし、楽しみな今回の陵墓公開ですね。
「箸墓全景」
b0174217_11575151.jpg

b0174217_11582344.jpg

b0174217_11583549.jpg

今朝の新聞報道です。
b0174217_12595451.jpg

箸墓に埋葬されていると言う「大市墓」の主は「制札屋形」です。
b0174217_1214814.jpg

全国の「天皇陵」と「皇后陵」には鳥居が造られてます、箸墓にも鳥居が造られてます。
b0174217_12272546.jpg

b0174217_12285629.jpg

b0174217_1229281.jpg

b0174217_12294181.jpg


(*)昨夜のNHKテレビの番組から撮りました。現地へ行ってもこれだけの写真は撮れません。。。

(*)これで箸墓「卑弥呼」論争が良い方向に向かえば良いのですがね。。。
by nbsan1491 | 2013-02-21 12:33 | Comments(0)
箸墓古墳はJR桜井線の巻向駅の800mほどの所に有名な「箸墓古墳」(倭迹迹日百襲姫命墓)(やまとととひももそひめのみこと)がある。巻向駅から南へ150mほど行くと箸墓が小山のように見えてくる。この道を真っすぐ行くと箸墓の前方部に出る。正式には「大市墓」と呼ばれるもので、全長278m、前方部幅125m、高さ13m、後円部直径157m、高さ22m、の壮大・整美な前方後円墳で前方部がバチ型に開く、前期古墳のなかでも最も古い形態をもつと考えられている古墳であります。周囲には濠がめぐらされていたと考えられ、古墳北側に周濠の一部と推測される留池が残る。「日本書記」によれば、この古墳は三輪の大物主神の妻となり、王が蛇であったことに驚いてホトをついて死んだ言う(倭迹迹日百襲姫)の墓と伝えられ、この姫命が「耶馬台国の女王卑弥呼」その人だと言う説もある。

「箸墓古墳」
b0174217_10133916.jpg

一週間ほど前の朝日新聞に掲載された「箸墓調査許可へ」の内容です。
b0174217_19423860.jpg

今朝(2月19日)の朝刊です。明日からの立ち入り調査開始の掲載文です。
b0174217_19444516.jpg

「箸墓古墳」
b0174217_19452783.jpg

「箸墓古墳の昼」
b0174217_19462410.jpg

「箸墓古墳の夕」
b0174217_1947361.jpg

「箸墓古墳の夜」
b0174217_19473572.jpg


明日2月20日から考古学の研究者が箸墓古墳の中に入るのですが、昨日・今日と奈良は雪と雨でしたが、明日は上天気の予報です。どんな結果が出てくるのか楽しみな事でありますね~。
by nbsan1491 | 2013-02-19 19:53 | Comments(0)
興福寺へは、近鉄奈良駅から東へ少し進むと、興福寺の境内に入る。奈良時代初期、「藤原不比等」が建立した藤原氏の氏寺で、藤原氏の勢力拡大とともに繁栄し七堂伽藍を誇った、平安時代以降の度重なる罹災後もその都度再建されてきたが、享保2年(1717)の火災と明治の廃物稀釈により衰退した。現存する遺構は「北円堂」「三重塔](鎌倉時代初期)「東金堂」「五重塔」(室町時代)など白鳳時代の仏塔(旧山田寺本尊)をはじめとする仏教美術の優品を、多数所蔵している。

主題の「猿沢の池」は興福寺の放生池として、「インドの猿沢の池」にならって造られたものと言われている。
周囲360mの小さな池だが、枝垂れ柳と池面に影おとす五重塔は、奈良でもっとも絵になる風景として有名です。

春の訪れとともに奈良で最大・最高の行事が東大寺・二月堂のお水取りでありましょうか。1200年以上も続く行事としては、世界でも最高の法会でありましょうね。この行事が終わらないと奈良・大和路に春が来ないと言われています。2月20日頃から「前行」で修行者が準備に入り,3月1日から2週間が本行になります。
「近鉄奈良駅」
b0174217_1262495.jpg

近鉄奈良駅から東方向を見てます、中央に奈良県庁の屋根が見えてます。
b0174217_1275418.jpg

奈良で一番の商店街「東向商店街」です。
b0174217_1295397.jpg

「東向商店街」から三条通りへ出て来ました。
b0174217_12113722.jpg

b0174217_12115268.jpg

奈良県道路里程標識です。
b0174217_1213818.jpg

直進が「春日大社」へ繋がってます。右側に猿沢の池があります。
b0174217_12153466.jpg

猿沢の池が見えてきました。
b0174217_12172027.jpg

b0174217_12174183.jpg

b0174217_1218043.jpg

b0174217_12181661.jpg

b0174217_12191257.jpg

b0174217_12193981.jpg

南円堂が見えてます。
b0174217_12203276.jpg

池越しに五重塔が見えてます。
b0174217_12212522.jpg

b0174217_12214859.jpg

猿沢の池の南端に大昔からの桜井・長谷への街道「上街道」の出発点です。
b0174217_12231244.jpg

b0174217_1223585.jpg

b0174217_12241344.jpg

五重塔と52段の石段を見てます。
b0174217_12262521.jpg

最近石段の改修が行われました。52段の階段です、此の上で修学旅行の学生が記念写真を撮りました。
b0174217_12284382.jpg

会津八一「秋艸道人」はこよなく奈良を愛した。会津八一が猿沢の池をめぐりながら作詩されたもので池の畔に建てられて有ります。

「わぎもこが きぬかけやなぎ みまくほり いけをめぐりぬ かささしながら」

「大意」  衣掛柳を見ようと思って 傘をさしながら猿沢の池をめぐった」
b0174217_1230441.jpg

五重の塔
b0174217_12495071.jpg

東金堂
b0174217_1253399.jpg

観音信仰の西国三十三カ所。 第九番 興福寺 南円堂
b0174217_130264.jpg

国宝 「三重塔」 小さくて隠れた様な場所に有りますので目立ってませんね。
b0174217_1325633.jpg


伊勢の先輩、興福寺の猿沢の池は如何でしょうか。暫らくしますと、東大寺・二月堂のお水取りも始まります、久しぶりに奈良へお出かけしませんか。。。
by nbsan1491 | 2013-02-15 13:05 | Comments(2)
今朝の御前崎は最高のお天気です、美味しい朝食を頂いて本日のプランに出発です。

朝の集いの記念写真です、この記念写真も10回目ですね。
b0174217_12552688.jpg

ラン出発です。今日は良い御天気で日中は20度くらいまで気温上がる予報でした。真冬なのに・・・先頭の黄色いヤッケの人がコースガイドリーダーの「三パパ」さんです。
b0174217_125811.jpg

b0174217_125956100.jpg

b0174217_1301164.jpg

b0174217_1303319.jpg

b0174217_131351.jpg

b0174217_1312312.jpg

b0174217_1314081.jpg

b0174217_1315449.jpg

b0174217_1322110.jpg

b0174217_1324218.jpg

b0174217_133126.jpg

b0174217_1331768.jpg

b0174217_1333965.jpg

b0174217_134015.jpg

b0174217_1341740.jpg

b0174217_1343637.jpg

太平洋岸自転車道の鉄道駅舎跡
b0174217_1354199.jpg

b0174217_1355831.jpg

b0174217_1361698.jpg

相良物産でお茶の接待を受けました。
b0174217_1372528.jpg

b0174217_1374188.jpg

b0174217_1375644.jpg

綺麗な自転車でした・・・
b0174217_1383278.jpg

b0174217_1385023.jpg

昼食会場の静波海岸です。
b0174217_1394023.jpg

b0174217_1310197.jpg

b0174217_13101664.jpg

何時も海岸で昼食にしてますが、「うおとも」さんの食事は素晴らしいものです。
b0174217_1312447.jpg

b0174217_13122247.jpg

b0174217_13124068.jpg

ランも後半で「大井川」まで帰ってきました。
b0174217_13132650.jpg

b0174217_13134262.jpg

b0174217_1314085.jpg

ながい~ながい~木橋の「蓬莱橋」まで帰ってきました。
b0174217_13164522.jpg

此処「蓬莱橋から島田駅で輪行して帰る人も ありますので、一次解散となりましたので記念写真です。
b0174217_1318568.jpg

b0174217_13191599.jpg

何故か4人で写ってますね・・・
b0174217_1320595.jpg


もう一泊して帰ろうかと予定してましたが、体調も良くないし、天気予報では雨みたいなことも言ってましたのでJR島田駅から輪行して帰りました、新幹線の「掛川駅」で参加者の「伊丹市のやのサン」と御一緒になりました。27年前のサイクリングのお友達のお友達でありました。嬉しいですね・・・今後とも宜しくです。。。
by nbsan1491 | 2013-02-04 13:27 | Comments(6)
今回の旅のメインイベントは今夜の宿の御前崎の割烹民宿 「 聖 火 」さんの大懇親会です。
b0174217_12303022.jpg

プランナー「くりくりサン」の御挨拶です。
b0174217_12313939.jpg

何時も何時もお世話になってます。大懇親会が始まる前から宴席は自転車でイッパイです。
b0174217_1232539.jpg

これがメインの御料理の「刺身の船盛り」と「金目鯛の煮付け」です。刺身の船盛りも素晴らしいですが、金目鯛の煮付けこれが絶品なのです。今年の金目鯛は大きさも素晴らしく大満足でありました。。。
b0174217_1236895.jpg

宴席です
b0174217_12371433.jpg

b0174217_12372732.jpg

b0174217_12375175.jpg
b0174217_12382677.jpg

b0174217_12384846.jpg

明日は(2/3)はプランナーのくりくりさんの何回目かのお誕生日で十速会の有志からお誕生日のお祝い会のプランもありました。
b0174217_1242449.jpg

幾つになっても、お誕生日のお祝い会は嬉しいものですね。。。
b0174217_12431021.jpg

お友達の「リミドさんとギンナンさん」
b0174217_12435811.jpg

by nbsan1491 | 2013-02-04 12:44 | Comments(0)
第10回目の2013年の「御前崎オフ」2月2日から3日に何時も通り大井川鉄道の新金谷駅から小夜の中山~太平洋岸サイクリングロード~御前崎 (宿泊) 御前崎~相良サンビーチ~シラスヤマカ~お茶の相良物産~相良油田~静波「豪華昼食)~小山城公園~大井川~蓬莱橋~新金谷駅までコースで楽しんでん来ました。「参加者は56名と日帰り参加者2名」の58名の参加でした。

私は前日の2月1日から出かけました。前泊まりなので、あわてることもなく近鉄・JRを乗りついで島田駅に夕方前に着きました。例年此処での夕食は大好物の鰻定食で大いに満足して帰ってきました。その頃から降り出した雨が翌朝の9時前頃までふってその後はやんで来ましてこれで本日の雨の心配は無いものとひと安心しました。 (クリックで写真は大きくなります)

島田の宿は「ホテル123」です。
b0174217_22153735.jpg

b0174217_22154237.jpg

ホテルから少しの所にあります、大井川越え遺跡の保存町並みです。
b0174217_2217152.jpg

b0174217_22173259.jpg

大井川鉄道「新金谷駅」到着しましたら沢山の参加者が集まってました。
b0174217_22193987.jpg

b0174217_2220834.jpg

埼玉のパジャマさんが参加者全員の名札を作ってくれました。
b0174217_22214158.jpg

大井川鉄道の蒸気機関車
b0174217_22224998.jpg

「C-11型蒸気機関車」
b0174217_22235331.jpg

本日の参加者の記念写真です
b0174217_22251397.jpg

プランナーの「くりくりサン」が何時もガイド地図を作ってくれます、配布中です
b0174217_22265060.jpg

出発しまして、お茶の郷へ向かってます。走行中にデジカメがポケットから落下しました
b0174217_22284011.jpg

b0174217_22285942.jpg

幹線二号の何時もの休憩地です
b0174217_2229519.jpg

b0174217_20225135.jpg

牧の原 お茶の郷
b0174217_22313677.jpg

b0174217_2232821.jpg

b0174217_22322487.jpg

強烈な菊川坂の下り
b0174217_2233961.jpg

菊川坂を下って今度は小夜の中山の強烈な登りです。これを越えて小夜の中山の峠と茶屋が有ります
b0174217_22353591.jpg

b0174217_22355785.jpg

此処で昼食です瀬戸の染飯です「黄色いご飯」
b0174217_22371319.jpg

b0174217_2237572.jpg

パジャマさんが「黄色いご飯」を食べてます。
b0174217_18251879.jpg

「西行」69歳 小夜の中山 「年たけて 又越ゆべしと 思いきや 命なりけり さやの中山」 (1169年)「小夜(さよ)の中山」または、「佐夜(さや)の中山」とも呼ぶ静岡県の南部、掛川と金谷とを結ぶ途中にある坂道で、曲折した左右に深い谷があり、危険を伴う道であったのだろう。それが「命なりけり」という表現になったと思われる。「命からがら」とか「命がけ」とか「絶対絶命」とか「の「命」であろう。この西行・・・69歳の老人がうたった歌としてはとても美しいものでありますね~  
b0174217_22421753.jpg

峠の茶屋です全員集合です
b0174217_2243925.jpg

「GAMIさん」と「なつチャン」何を写しているのかな
b0174217_22445567.jpg

何時もお世話になってます、峠茶屋の御主人です
b0174217_2246634.jpg

山の中腹に「お茶」の文字
b0174217_22478100.jpg

黒田家でのトイレ休憩ですが、町内会のイベントでお祭りのようなものが開かれてました
b0174217_2249174.jpg

b0174217_2249177.jpg
b0174217_22492810.jpg

b0174217_22495144.jpg

疲れて寝てるのかな
b0174217_22501522.jpg

本日のメインイベント「太平洋岸サイクリングロード」を走ります、砂がいっぱいです
b0174217_22523469.jpg

b0174217_22525762.jpg

b0174217_22531746.jpg

b0174217_22533431.jpg

b0174217_22535199.jpg

b0174217_2254736.jpg

砂でいっぱいの自転車道を走って浜岡砂丘に着きました、ここはトイレ休憩ですが、猫がいっぱいです
b0174217_22563265.jpg

b0174217_22564439.jpg

b0174217_22571220.jpg

これから宿のあります、御前崎まで良い国道を走ります、本日は幸せな事に「追い風」です、ルンルンでした
by nbsan1491 | 2013-02-03 23:01 | Comments(2)
今日から2月ですね~。 今日から旅に出ます。月の初めの1日から旅に出かけるのは珍しいことなのです。毎年恒例の「くりくりサン」の「御前崎オフ」で例年2月に開催されてます。開催日は2月2日(土)~3日(日)の一泊二日なのですが、初日の集合地が大井川鉄道の「新金谷駅」10時なので、奈良の田舎から定刻に集合するのは、少々苦しいのと加齢と共に朝の早い時間に輪行袋を持ってウロウロするもの好きではありませんので、例年前泊まりで出かけてます。

今夜は大井川渡しの宿場町である島田で宿泊し大好物の「鰻定食」を夕食にします。島田は浜松にも近いのでしょうが此処の「鰻」が最高に美味いのです。


2012年の「御前崎オフ」の2日目宿出発前の記念写真です。(撮影者の私は写っていません)
b0174217_9404280.jpg


今回の旅のお供は「アルプス・クライマー」にしました。旅お供は「サドルバッグ」なのです。アルプスには「アルプスサドルバッグ」がやはり・・・でしょうね。
b0174217_9491839.jpg

b0174217_9493020.jpg

by nbsan1491 | 2013-02-01 09:50 | Comments(0)