奈良・平城宮跡の東の端から、東の山中を見てます。東大寺や若草山がよく見えますね。1300年の昔の奈良平城京が蘇えります。


by nbsan1491
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今回のツアー「サイクリスツ・ミーテイング」の最終日に泊まった、「小諸グランド・キャッスル ホテル」の裏に「懐古園」があります。同行している「御大さん」の御希望で小諸城跡(懐古園)へ出かけました。
しなの鉄道のガードをくぐると、小諸城跡(懐古園)の入り口「三之門」(国重文)に着く。「小諸なる古城のほとり 雲白く遊子悲しむ・・・と島崎藤村に詠まれた「小諸城跡」はもっぱら「懐古園」とよばれている。15世紀に築城が始まり、17世紀初めの仙石秀久によって完成した城であるが、「三之門」は1765年(明和2年)の再建である。千曲川の急な河岸段丘上に立地し幾条かの深い空堀や本丸跡の野面積の石垣は懐古の情を誘う。

「三之門」
b0174217_22385169.jpg


b0174217_22394098.jpg


懐古園の看板
b0174217_22404297.jpg


門越しに城内を見る。
b0174217_22421031.jpg


説明
b0174217_2243827.jpg


今回、同行しました「御大さん」が「48年前」の1964年10月15日(昭和39年)に小諸城跡をサイクリングに来ている写真を送って頂きましたので載せておきます。

「三之門」
b0174217_22464813.jpg


「三之門の内部より」
b0174217_22475989.jpg


小諸駅前です。現在の小諸駅とあまり変わってないようです。真ん中のドロップハンドルの人が、若かりし日の「御大さん」です。
b0174217_2251332.jpg

by nbsan1491 | 2012-11-28 22:51 | Comments(1)
旅の初日に泊まった田中・明神湖の民宿から北国街道の海野宿から上田にいたる、ここは上田城の城下町として、又宿場町として古い伝統を持つ町です。長野新幹線の「上田駅」もあります。
(*)「しなの鉄道の上田駅から別所温泉駅までは所要時間は27分で駅の数15駅も有ります。運賃は570円だそうです」

「別所温泉から上田の市街地をみてます。」
b0174217_2019371.jpg

久しぶりに良い旅館・良い温泉・良い食事に満足致しました。朝出発前の全員集合です。和服の人が若女将です、美人ですよ~
b0174217_22214932.jpg

旅館の近くにあります「北向観音堂」です。石段を下ってゆきます。参道沿いにはお店が並んでいます。
b0174217_2043220.jpg

b0174217_20424475.jpg

825年に創建された、厄除け観音として全国から参拝者が多い。現在のお堂は1721年(享保6年)再建されたもので、境内には北原白秋などの歌碑が多い。
b0174217_204820100.jpg

b0174217_20474377.jpg

b0174217_20485872.jpg
b0174217_20482048.jpg

b0174217_20494075.jpg

「安楽寺」(曹洞宗)で創建は(824~834)に開かれたと伝えられる。鎌倉時代には建長寺と深い関係をもった、信州最古の禅寺であるそうです。
b0174217_20555537.jpg

b0174217_2058156.jpg

本堂
b0174217_205902.jpg

b0174217_20572772.jpg

安楽寺 八角三重塔
b0174217_2104181.jpg


わが国にただ一つしかない唐様八角三重塔である。九世紀初めの天長年間建立と伝わるが、様式から見て鎌倉末期の建立だといわれる。一見四重のようだが、最下層のは屋根ではなくひさしだそうだ。いかにも唐様のゆったりした杮葺き(こけらぶき)に屋根のそりが、この時期のやわらかな陽ざしをうけていて素晴らしいものであった。「国宝に指定されている」 今回の旅の主なる旅の目的がこの三重塔を見ることでありました。

b0174217_212057.jpg

b0174217_2113169.jpg

b0174217_2124018.jpg

「常楽寺」天台宗の寺院で平安時代のはじめ に建てられたと伝えられている。
b0174217_2145185.jpg

b0174217_2145587.jpg
b0174217_215257.jpg

b0174217_2153211.jpg

さあ~これから別所温泉を後にして大明神岳に登ります。別所温泉が約500mで大明神岳が900mですから400mの登りです。途中の「野倉」の集落で休憩をします。
夫婦道祖神への入り口です。
b0174217_2110176.jpg

b0174217_21114164.jpg

前方で皆さん集まっていますが・・・自転車の修理中でした。
b0174217_21124368.jpg

夫婦道祖神です。
b0174217_2113919.jpg

b0174217_21132720.jpg

b0174217_21135128.jpg

やっとの思いで大明神岳下(県道12号)頂上に到着です。(この写真はくりくりサンに頂きました)
b0174217_21151969.jpg

b0174217_2116024.jpg

前方は沓掛温泉へ行けます。
b0174217_21162110.jpg

コースは鹿教湯温泉へ向かってます。
b0174217_21204533.jpg

途中から保福寺峠へ道が分岐してますが、いまだ舗装されてませんね・・・
b0174217_2121357.jpg

快適なダウンヒルを楽しんで鹿教湯温泉に下りてきました。
b0174217_21243438.jpg

休憩です。
b0174217_21251874.jpg

少々向かい風の中を上田方面に向かって走ってました。大屋駅の近くでこの旅を終了して解散しました。
by nbsan1491 | 2012-11-22 21:27 | Comments(0)
2012年の「サイクリスツ・ミーテイング」が11月17日~18日に信州・上田駅集合で別所温泉で開催されました。我々(はづきの御大さん)と何時もの二人ずれで前日16日から海野宿のある田中駅から明神湖の民宿で一泊してまいりました。
「しなの鉄道・田中駅」
b0174217_19531651.jpg

b0174217_19541527.jpg

宿舎の近くの八重原辺り、ここまできつい登りを越えて来ました。
b0174217_19593220.jpg

宿の近くの明神湖越しに夕焼けが見えています。
b0174217_2014695.jpg

宿の前です,同宿で先着2人と合流、今夜は4人です。
b0174217_202454.jpg

翌朝、集合地の上田駅へ向かう途中の大屋駅です。
b0174217_2041720.jpg

集合地のしなの鉄道上田駅です。
b0174217_2053955.jpg

最近御一緒することが多い地元の常連さん「タンデム・・・ルネルセ」で奥さんと参加です。
b0174217_2064239.jpg

何度目かの北国街道の「海野宿」です。
b0174217_2074243.jpg

b0174217_208677.jpg

昼食は海野宿の蕎麦屋さんで味噌だれのざるそばにしました。
b0174217_2095523.jpg

この頃から本格的に雨が降り出しましたのでポンチョ走行です。しなの鉄道別所温泉駅です。
b0174217_201242100.jpg

夕食・懇親会です。
b0174217_20143152.jpg

b0174217_2015031.jpg

今回のプランナー「たてばやしのsuganumaさんです。
b0174217_2017072.jpg

素晴らしい宿でありました。食事も部屋も温泉も良かったですよ。。。
by nbsan1491 | 2012-11-21 20:17 | Comments(2)
奈良・桜井の三輪山の山裾から大和平野を一望に収めながら、石上神宮を経て奈良・春日に至る、山沿いにうねうねつづく古道・山の辺の道。ここは仏教渡来以前の数々の神話・伝説に彩られた古代文化のふるさとであり、飛鳥と奈良を結ぶ万葉人の往還であったが今はひっそりと往古のいぶきをたたえた小径であります。

「やまのべのみち」の呼び方は?

 「山辺の道」 田中日佐夫 著  1969年     

 「山辺の道」 天理大学文学部 著 2006年

 「山ノ辺の道」 保田與重郎 著 1973年

 「山の辺の道」 犬養  考  著 1976年

 (*)今回は雰囲気からして「山の辺の道」を使いました。どれが正しいのか解りませんが調べておきます。
今回の「山の辺の道」は「北・山の辺の道」として最近知られたきましたハイキングコースであります。
ルートは近鉄奈良駅から東大寺~興福寺~春日大社~新薬師寺~百毫寺~八坂神社~崇道天皇陵~円照寺~柳茶屋~石上神宮 約11kmの道程です。但しハイキング道ですから自転車に乗れないところが沢山あります。
出発地点の東大寺からです。
b0174217_10312271.jpg

b0174217_10314078.jpg

春日大社の「ささやきの小道」です。
b0174217_1033435.jpg

コースガイドです。
b0174217_1034574.jpg

新薬師寺の東門の通りです。
b0174217_1037848.jpg

新薬師寺門前。
b0174217_1038524.jpg

北山の辺の道へ
b0174217_10385099.jpg

道の途中の道標
b0174217_10392829.jpg

白毫寺への道
b0174217_10411491.jpg

b0174217_10412851.jpg

八坂神社、ここからの「山の辺の道」と「東海自然歩道」が一緒になってます。此処からの「鹿野園」の眺めは良いですよ。
b0174217_1045494.jpg

b0174217_10461895.jpg

b0174217_10463755.jpg

b0174217_10465444.jpg

野越え山越えでこんなところに出て来ます。
b0174217_10483893.jpg

b0174217_10491588.jpg

「八島陵」崇道天皇陵(すどうてんのうりょう)です。
b0174217_1183211.jpg

b0174217_1185585.jpg

b0174217_1193892.jpg

ガイド
b0174217_1195468.jpg

円照寺 別名 山村御殿、「中宮寺・法華寺」と並び三門跡寺院の一つです。拝観は出来ませんが参道や門前周辺とても良い雰囲気です。
b0174217_11164015.jpg

b0174217_11165380.jpg

こんなところに出て来ます。(前が竜王池です)
b0174217_11184591.jpg

只今、コスモスが満開でした。
b0174217_11194033.jpg

伊勢街道の「柳茶屋」です。此処から直進「正暦寺」で右折で「北山の辺の道」です。
b0174217_11225267.jpg

石上神宮の境内です。直進神宮。 右折が山の辺の道で三輪から桜井です。
b0174217_11255219.jpg

石上神宮です。
b0174217_11304858.jpg

b0174217_11313197.jpg

by nbsan1491 | 2012-11-01 11:32 | Comments(2)