奈良・平城宮跡の東の端から、東の山中を見てます。東大寺や若草山がよく見えますね。1300年の昔の奈良平城京が蘇えります。


by nbsan1491
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

春 いっぱい 包まれて

今日の新聞に大阪の春の風物詩「桜の通りぬけ」が14日大阪市北区天満1丁目の造幣局で始まった。通り抜け会場は、造幣局南門(天満橋側)から北門(桜宮橋側)への560m(一方通行)で、一般公開は20日まで午前10時から午後5時まで今年は東日本大震災を受け、夜間のライトアップが初めて中止された。

良い時期になって来ました。我が家の庭の植木達も春の訪れとともに芽吹きはじめました。この時期には何処の桜も満開の便りが聞こえてきます。我が家の近くのお家の「一本桜」も満開になってました。
b0174217_17401018.jpg

b0174217_17403192.jpg

我が家の庭の「サクランボ」の木にも葉っぱや可愛いい花が一輪咲いて来ました。
b0174217_1742217.jpg

b0174217_17423978.jpg

b0174217_1742569.jpg

今日は花一輪ですが、明日から花がどんどんと増えて来ます。そして実がつくのは後2ヶ月ほどでしょうかね、出来た実を食べるのが楽しみです。
b0174217_17431678.jpg

「サクランボ」の木の3m程離れた所に植えてある「柿の木」にも葉っぱがついてきました。
b0174217_17445559.jpg

b0174217_17451696.jpg

これから葉っぱがいっぱいついてくるのです。そしてお盆過ぎに可愛いい小さな実がつきますがこれは「しぶ柿」でしょうね。収穫するのは11月の後半頃になるのでしょうか。縁側の外に「干し柿」がいっぱい吊るしますのよ。
b0174217_17453891.jpg

大阪「造幣局の桜の通り抜け」に孫達から桜を見に行こうかと言われてます。。。たまには
大阪の桜も良いものでしょうね。。。
by nbsan1491 | 2011-04-14 17:47 | Comments(0)
昨年の11月7日に平城遷都1300年祭の平城宮跡会場について終了しまして調度半年になろうとしてます。
平城宮跡会場、会期終了後の主要施設について「第一次大極殿」「朱雀門」「東院庭園」「平城宮跡資料館」「遺構展示館」などの施設は、月曜日が休館となります。
b0174217_2035966.jpg

平城宮跡のメイン会場の「第一次大極殿」が遠望できます。
b0174217_2037474.jpg

今日走りに出た自転車です。
b0174217_2038489.jpg

b0174217_20384821.jpg

b0174217_2039656.jpg

大極殿の南800mのところに有ります、「朱雀門」です。
b0174217_20413533.jpg

朱雀門の西から見てます。
b0174217_204446.jpg

平城宮跡の東南隅に張り出した部分あります「東院庭園」です。東西80m南北100mの敷地の中央に複雑な曲線の池があります。
b0174217_20501270.jpg

b0174217_20503357.jpg

b0174217_20512685.jpg

平城宮跡「遺構展示館」発掘した状態(遺構」をそのまま見ることが出来る3棟からなり、建物の柱跡や発掘された大きな井戸など1300年の昔の遺構の現物が見る事ができます。
遺構展示館の玄関です。
b0174217_2057135.jpg

今日の自転車。TOEIの(スピードマスター)1959年(昭和34年)のフレームです。
b0174217_210111.jpg

遺構展示館の建物群です。
b0174217_2111713.jpg

遺構展示の案内です。
b0174217_2124494.jpg

遺構展示の発掘状況です。
b0174217_2135210.jpg

「平城宮跡資料館」発掘調査の出土遺物を展示されてます。此処は見どころイッパイですから是非とも見に行って下さい
b0174217_21134683.jpg

平城宮跡の主要施設の中で只今は閉鎖中でありますがこれから開催される施設について御案内いたします。
「平城京歴史館」「遣唐使船復元展示」について。
b0174217_21175952.jpg

只今満開の平城宮跡の桜です。
b0174217_23261893.jpg

b0174217_23263861.jpg

by nbsan1491 | 2011-04-13 21:18 | Comments(0)
奈良の桜の名所の代表は「吉野の桜」でしょうか。奈良市内近辺でも「奈良公園」や「平城宮跡」が有りますが、地元の人しか知られてない「佐保川堤の桜」が満開になりましたので、久しぶりに自転車で見に行ってきました。佐保の河原の堤両側に見事な桜が延々奈良市の隣の郡山市の「羅城門跡」辺りまでまで続いているのです。

佐保川の佐保川小学校の南を流れる佐保川堤には、桜並木が延々と続きます。近年は堤の上の両側に遊歩道も整備されてお花見客で大賑わいであります。
b0174217_20162842.jpg

b0174217_20174127.jpg

佐保川堤の桜の中で一番の桜がこの木であります。名前を「川路桜」と言います。
b0174217_20195984.jpg

b0174217_20205412.jpg

樹齢160年の川路桜の説明です。
b0174217_20323087.jpg

川の向こう側にお地蔵さんが沢山並べてあります。「北向き地蔵」と言う名前で町内会の自治会が管理お世話をされているそうです。
b0174217_20253647.jpg

大昔からこの川の周辺に有った「お地蔵さん」を一か所に集めたそうです。北向きに並んでいますので名前も「北向き地蔵」です。
b0174217_20275298.jpg

b0174217_20281680.jpg

b0174217_20283620.jpg

by nbsan1491 | 2011-04-11 20:28 | Comments(1)