奈良・平城宮跡の東の端から、東の山中を見てます。東大寺や若草山がよく見えますね。1300年の昔の奈良平城京が蘇えります。


by nbsan1491
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今日の奈良は真夏並みの暑さでありました。体調も少しばかり良いみたいなのでいつものコースへ「お散歩」
に出かけました。お散歩コースも3ヶ月ぶりで有りまして左肩の痛みで殆んど自転車に乗って無かったのです。何時ものコースですから水上池の自転車道路を走って黒髪山から東大寺へ向かいます。
「水上池」の自転車道路の東側から西方向を見てます」
b0174217_216254.jpg

水上池からは連続して大古墳の「ウワナベ古墳」や「コナベ古墳」の池の周りを走って、黒髪山の黒髪橋を渡ります。
b0174217_2191856.jpg

奈良坂の旧の京街道です。今だ旧の雰囲気を残しておりますね。
b0174217_2111141.jpg

奈良坂から東大寺の裏に出て来ました。この横には「正倉院」が有ります。
b0174217_2112322.jpg

東大寺・大仏殿の裏、北側になります。正面は人でイッパイでも此処は静かなものです、しかもユッタリとしてますね。
b0174217_21143998.jpg

大仏殿の裏参道から二月堂の裏参道に来ました。この辺りから見る二月堂は良い雰囲気ですね。
b0174217_21162743.jpg

只今、全国的に「アライグマ」が異常発生しているそうです。東大寺・二月堂でもアライグマが水路に居る「沢蟹」
を餌にしているそうです。こんなお願いが書いて有りました。
b0174217_21194110.jpg

お水取りの二月堂です。
b0174217_21201833.jpg

奈良で一番に有名なのが「猿沢の池」でしょうか。興福寺の五重の塔を見てます。これは奈良観光の定番ですね。
b0174217_21221112.jpg

同じく猿沢の池から(西国九番札所)南円堂を見てます。
b0174217_21265572.jpg

流石に今日は暑かったです。かなりの水分補給をしましたね。。。
by nbsan1491 | 2010-07-05 21:30 | Comments(2)
2010年4月24日から開催された「平城遷都1300年祭」も7月になって梅雨の時期となり連日の天候不順で来場者の数も減ってきたようです。なんせ広い広い平城宮跡です、「ほぼ/甲子園球場が100個」入るそうですから。大きいです。雨が降りますと雨宿りの場所まで相当歩かねばなりませんから、もう一つ「雷雨」の為に要所要所にマイクロバスが駐車して有りまして、雷が鳴り出したら此処へ避難してくださいと看板が上がってました。
b0174217_2002528.jpg

平城遷都祭の南の玄関口の朱雀門です。此処も自由に入れます。
b0174217_202414.jpg

b0174217_2032849.jpg

平城遷都祭のメインテーマー館の「平城京歴史館/遣唐使船復原展示」です。平城京VRシアターで上映されます。「遣唐使シアター」アニメーションで遣唐使の歴史や渡航の様子を再現します。「テーマー展示」中国大陸、朝鮮半島をはじめ大陸との交流により発展した日本の国づくりの歴史のテーマー展示やストーリ仕立ての映像展示などが解説されてます。
b0174217_20125072.jpg

平城京の衛士の様子の再現アトラクションも行なわれます。
b0174217_20161339.jpg

b0174217_20164122.jpg

b0174217_2017868.jpg

4月24日の開催当時は朝9時から17時の時間帯で平城宮跡会場が開催されてましたが、梅雨のの只今の時期は朝9時から16時になっております。但し土曜日と日曜日・休日は9時から17時まで開催されてます。
それと少し前までは満員で入れなかった「平城歴史館/遣唐使船復原展示」そんなに待たずとも入場出来るそうです。これも土曜日/日曜日は人出が多くて、事前の予約が必要のようです。イベント会場は総て16時閉館になって16時30分には総て退館になります。梅雨の終わり頃から改めて17時閉館になるそうです。
b0174217_20283145.jpg

by nbsan1491 | 2010-07-03 20:28 | Comments(0)
暦の上では、「盛夏の候」とか「本格的な夏の訪れ」とか言うのですが、その前に「梅雨明け」が無くてはなりません。日本は四季があって宜しいですね、ジメジメの梅雨が終わりますと本格的な夏の到来で太陽がまぶしい季節になります・・・自転車遊びの世界も夏場の炎天下の下、汗みどろになって峠登りをするのも・・・良い物ですね。

5月の初旬に四国/徳島の剣山へのツアーで強烈な両足の引き攣りを起しまして、その少々前に痛めた左肩の鎖骨骨折の歪みでこれも痛みの要因で・・・5月~6月は殆んど自転車遊びが出来てなくて、例年の楽しみにしてました「今井デイー杖突峠」も不参加になりました。

体調が悪くて自転車に乗れないのであれば、もう一つの自転車遊びのメカをしておきましょうと、前から気になっていた「大阪の加茂屋」さんの「カモヤ・ポーター」と言う「輪行袋」を使った輪行サイクリングツアーをしてみようと作業を始めました。「カモヤ・ポーター」は5月16日の「服部緑地のシクロジャンブル」で詳細を教えて貰ってこの輪行袋」用の自転車の製作に掛かりました。

完成した「カモヤ・ポーター」輪行袋用の自転車です。

b0174217_119304.jpg

カモヤ・ポーター用の自転車の一番の条件は「マッドガード」が取り付けられないという事で現在手持ちの古いロードレーサー以来の「マッドガード」無しの自転車になりました。
b0174217_11131771.jpg

後方、横から見てみます。
b0174217_1114411.jpg

もう一つの条件がより簡単に輪行するためには「ドロップバー」よりも「オールラウンダーバー」の方が宜しいと言うことでこのハンドルバーにしました,「NITTO」「B-201AA」です。ブレーキレバーは「MAFAC」フラットバー用ブレーキレバーでこれは「名古屋のはづきの御大さん」に無理を言いまして手配して貰いました。
b0174217_11254023.jpg

b0174217_1127549.jpg

使用している、フレームも部品類も古い物ばかりです、フロントはダブルでリアーは5段です。
b0174217_11303037.jpg

この自転車で近場の輪行サイクリングを楽しんでみようと思っています。
by nbsan1491 | 2010-07-01 11:33 | Comments(0)