奈良・平城宮跡の東の端から、東の山中を見てます。東大寺や若草山がよく見えますね。1300年の昔の奈良平城京が蘇えります。


by nbsan1491
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

平城遷都1300年祭の続きです。

「平城京歴史館/遣唐使船復原展示」
平城京の時代の国際交流の象徴的存在である遣唐使船を原寸大に復原・展示。古代、進取の精神で中国、朝鮮半島に渡航した先人達の気概に触れ、東アジアにおける国際交流の重要性を見つめ直す契機となる展示がなされてます。
b0174217_129581.jpg

原寸大の遣唐使船です。船体に近ずいて見ますと、なんと小さい事・・・こんな船で日本海を渡っていたのですね。
b0174217_1210357.jpg

平城京歴史館です。
「平城京VRシアター」「遣唐使シアター」「テーマー展示」平城京の歴史が良く解ります。
b0174217_12154857.jpg

これらのイベントは遷都祭の玄関口である「朱雀門」の周辺にあります。
総合案内所も作られてあります。建物はすべて木造のプレハブ風になってます。
b0174217_1219319.jpg

「朱雀門」の北側に花壇が作られてあります。大量の花が植えられてありますが、これは奈良市内の小学校の生徒さんが作ってくれたそうです。
b0174217_12213372.jpg

b0174217_1222737.jpg

b0174217_12223831.jpg

お天気が良いと広大な平城宮跡からは東の山並みがとても良い感じです、これこそ天平時代ですかね
b0174217_1226495.jpg

木製の案内板に詳細がセットされてきました、広い平城宮跡ですから、案内板が頼りになりますね。
b0174217_12285183.jpg

これからも「平城遷都1300年祭」の案内を載せてゆきます。「三重・松阪の T・Kさん」早く奈良へお越し下さいね。。。
by nbsan1491 | 2010-04-15 12:31 | Comments(4)
平城遷都1300年祭の「平城宮跡」(メイン会場)が4月24日(土)から11月7日(日)まで約半年間で開催されますが、準備の方も急ピッチで進んでおります、今日は曇り空で雨が降りそうな感じでありましたが、何時ものお散歩で平城宮跡内を走ってきました。

「平城宮跡」のメイン会場「第一次大極殿」です。
b0174217_21355435.jpg

もう一つのメイン会場「朱雀門」です。
b0174217_2137380.jpg

「平城遷都祭」のイベントのメイン会場が「まほろばステージ」交流広場です。10月2日~3日に行なわれます、JCA全国サイクリングラリー奈良県大会の開会式は此処で行われます。
b0174217_21422095.jpg

交流ホール(交流広場)平城京ゆかりの地域等の出展参加があります。
b0174217_21452646.jpg

b0174217_2146262.jpg

流石は平城宮跡は埋蔵文化財の宝庫です。発掘現場に似せたスペースで、発掘調査が体験できます。建物の中には「ゴム長」が多くさん準備されてました。このコーナーも楽しみな処です。
b0174217_2151725.jpg

広い広い平城宮跡ですが、特に「お年寄り」や「子供さん」向けに「バス風」の「トラムやカート」が会場内を走ってくれます、当然無料です、準備中の職員さんに聞きましたら、このトラムは若い人にはご遠慮頂いて「お年寄りと子供さん」を中心に運行するそうです。
b0174217_21554029.jpg

b0174217_21562223.jpg

b0174217_21565853.jpg

広大な平城宮跡内を走る「トラム/カート」ですが、沢山の停留所(乗降所)が作られてあります。
b0174217_220535.jpg

b0174217_2203571.jpg

平城宮跡の埋蔵物は1300年の昔からの遺物が宮跡内の何処を掘っても出て来ますので、今回の遷都1300年祭の建造物の製作については埋蔵物を壊さないように宮跡内の地面の上に砂・土を載せてその上に建造物を作ってあります、大変な苦労をされているのですね。この写真の木製品はコースガイドの為のものですが、砂・土を盛って作ってあります、何処を見ても土中に埋め込んでいるものは皆無でありましょう。。。
会場ではそんな所も良く見てあげて下さい。
b0174217_228388.jpg

by nbsan1491 | 2010-04-13 22:12 | Comments(0)
今日の土曜日は春らしく爽やかなお日和でありました。何時のように思いつきで走りに出ました。サイクリング用のロードで軽やかにしましたが、流石に軽いです。荷物も持たず予備の「チューブラー」を1本サドルの後ろにククリ付けて何時もの歌媛越えから木津自転車道に入りました。木津から1時間かからずに「流れ橋」(上津屋橋)に着きます。今日はお天気も良くて自転車乗りさんが沢山出てました。ジョキングで走っている人もあります、歩いている人もあります。そんな中、ロードで結構スピードを上げて走っている人もあり、事故を起さないかと心配になりました。「流れ橋」は只今工事中で通行不能です。
b0174217_223850100.jpg

b0174217_22393121.jpg

b0174217_2239589.jpg

大型の「ユンボ」が2台出てまして「流れ橋」の修復をしてますが、なんせ長い橋ですから完成まで相当の期間がかかるのでしょうね。堤防上の自転車道に看板が出て有りました。工事終了は「6月15日」です。
b0174217_22442666.jpg

by nbsan1491 | 2010-04-10 22:46 | Comments(2)