奈良・平城宮跡の東の端から、東の山中を見てます。東大寺や若草山がよく見えますね。1300年の昔の奈良平城京が蘇えります。


by nbsan1491
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

毎年のように、年末になると、昔を思い出すと言うか「懐旧」を感じるこの頃なのです。そこで昔の事を思い出してみようと、古い写真を見ておりましたら、調度50年の昔のサイクリングの写真が有りましたので思い出して見ましょう。この写真は1959年8月(昭和34年)の「日本サイクリング協会」の第3回JCA全国サイクリングラリー岡山大会の写真です。この頃の私は18歳と4ヶ月で有りました。若いですね、この時も大阪からラリー会場の岡山市の後楽園までナイトランで大阪の東淀川を夜出発して岡山市の河原自転車店に早朝着いたと記憶しておりましたが。一睡もせずに朝到着してラリーに参加してその日の宿まで眠たいのに我慢をして走っていたのですね。。。当時はこんなサイクリングが当たり前の世界で有りましたですね。帰りも岡山から大阪まで走って帰ったのですが・・・若くて元気が有ったのですね。。。

この自転車のタイヤを見てください。相当太いタイヤでしょう。当時でも珍しい「1-5/8」 (650×42B)のタイヤをハメテありました。当時は道路状況も悪くてツアーに出ると舗装道路はあまり無くて地道ばかりであったと記憶してます。
b0174217_0294934.jpg

by nbsan1491 | 2009-12-27 00:30 | Comments(4)

只今 冬 眠 中

あまりこの言葉は使いたく無いのですが、暦の12月になって、第一週と第二週に連続ツアーに出てまして、
気候的にも最良のお日和でありましてご機嫌なツアーをしてきたのですが、その後は本格的な冬の気候になって何時ものお散歩も出来てない日が続きました、結果「Blog」の更新も出来てなくて、本格的に冬眠状態でありました。二回のツアーでも気になっていたのですが、左足の皿の部分が踏み込みで力を入れると痛みが有りまして、「サポーター」を巻いたりしてました、その上、左鎖骨の部分にも痛みが有りこれも気になっていたのですが、最近になって痛みも和らいだようでありました。これは少々前に転倒をした時に、膝と肩を打っていたようで今頃まで・・・後遺症?が残っていたようです、加齢と共に中々直らないのですよ。寒いし、痛いしそれが冬眠の要因のようです。あとお正月まで一週間を切って来ましたね。もう暫らく冬眠状態が続きそうです。 

アルプスの「サドルバッグサポーター」です、良い物を作っていたのですね~
b0174217_03044.jpg

by nbsan1491 | 2009-12-26 00:22 | Comments(2)
昨夜は宿に入る前に雨に降られてポンチョをかぶりましたが、今朝は最高のお天気でありました。宿の玄関前です。
b0174217_12233845.jpg

大宇陀の町の中心松山は宇陀地方の政治・経済・交通の中心をなしてきたところ、江戸時代の初期、一時織田氏の城下町と、その後市場として発達した、古い城門や町並みに昔の面影をとどめている。
旧松山の東古城山の麓にある。江戸幕府直轄の薬園の跡で享保の頃(1716年頃)この地の森野藤助通貞が、国産薬物険索の功により、将軍吉宗から薬草の苗を下付されて栽培したところという。現在もそれらの薬園はいまなお珍しい草木があってそれらは天然記念物に指定されている。
「古い城門」
b0174217_12514797.jpg

b0174217_12521043.jpg

兎田野・・・宇太水分神社 宇陀総鎮護の水の守護神である。美しい春日造りの本殿は国宝に指定されている。美しい3棟の本殿は各一間社。隅木入春日造り檜皮葺きとなっている。
b0174217_1321777.jpg

b0174217_1324661.jpg

兎田野から166号を佐倉峠を下って来ると高見峠方向と鷲家集落への分岐に出ます。直進高見峠。
b0174217_1375083.jpg

鷲家の宿場の常夜灯、高見と兎田野の追分になります。
b0174217_13103126.jpg

奈良県東吉野村鷲家と言えば「明治維新の「天誅組」でしょう。ここが天誅組の終焉の地であります。
b0174217_13125387.jpg

天誅組総裁「吉村寅太郎の墓」
b0174217_13175999.jpg

b0174217_1325812.jpg

東吉野村から宮滝へ吉野川沿いに上市の手前まで来て、これから「芋ヶ峠」を登り出します。
b0174217_13224315.jpg

あと少しで「芋ヶ峠」です。
b0174217_13234070.jpg

芋ヶ峠です。
b0174217_13384035.jpg

峠から明日香方向への下りです。
b0174217_13275587.jpg

明日香の景勝の地で写真の人気スポットです、この後、石舞台古墳から近鉄橿原神宮駅に向かいまして
今回の年末ツアーは終了しました。
b0174217_13314035.jpg

b0174217_140321.jpg

by nbsan1491 | 2009-12-15 13:32 | Comments(6)
奈良CCの年末プラン(12月12日~13日)で奈良の南部を一泊ツーリングを楽しんで来ました。
桜井~三輪~初瀬~榛原~大宇陀~宇田野~鷲家~小川(鷲家口)~宮滝~吉野~芋ヶ峠~橿原と約100kmのツーリングでありました。
集合地の近鉄桜井駅です。
b0174217_1124769.jpg

本日の参加者は・・・当然、奈良CCのメンバーであります。
地元、奈良橿原市の「ツッチーさん」同じ橿原市の「A・Tさん」そして遠路岐阜から「wajinさん」と私の4人です。
b0174217_1164884.jpg

近鉄桜井駅から古い街道の「上街道」を三輪へ「大神神社」の日本一の大鳥居」です。
b0174217_11113084.jpg

この大鳥居の近くに名物の「みむろの最中」があります。早速食しております。
b0174217_1112824.jpg

奈良県内の[埋蔵文化財」は凄い物が有りますが、最近の発掘で巻向の卑弥呼の建物跡?が発掘されたと全国的に話題になりました、JR巻向駅です、この駅の西側が発掘現場です。
b0174217_1115526.jpg

発掘現場は雨の為にビニールシートが被せられてよく見えなかったです。その内に元通りに埋め戻されますから早く見に行って下さい。
b0174217_11194492.jpg

b0174217_11202350.jpg

今回の発掘現場の近くにあります、「箸墓(はしばか)古墳」です、三輪山の山麓に横たわるこの「箸墓」は日本最古の前方後円墳」としてしられている。
b0174217_11365772.jpg

巻向から僅かに走ったところに日本最古の「大神神社」があります。
b0174217_11394880.jpg

b0174217_1140366.jpg

大神神社から山之辺の道に出て、道沿いに有名な「金谷の石仏」が小屋の中に入っておられます。
b0174217_12164420.jpg

長谷の観音さんの総本家・・・長谷寺(真言宗豊山派総本山・西国8番札所)
長谷寺は平安の昔京都の清水寺、近江の石山寺と並んで、都の人達の信仰がことのほかあつく、源氏物語、更級日記、蜻蛉日記などにもいろいろ記述がある。
b0174217_1156750.jpg

b0174217_11562691.jpg

宇陀は周囲を山並に囲まれた地域で城下町・大宇陀は古い家々を残す。町並みが今に伝わっている。
b0174217_1263136.jpg

b0174217_1265159.jpg

今夜の宿は宇陀の本郷温泉の「椿寿荘」です。
b0174217_1282170.jpg

夕食です、この時ばかりはご機嫌ですね。
b0174217_1210829.jpg

by nbsan1491 | 2009-12-15 12:10 | Comments(4)
昨夜、宿泊した十津川温泉の「田花館」では美味しい料理を出して貰えて大満足でした。「モミジ」鹿肉、「ボタン」猪肉、そしてシーズンオフですが肥えた「鮎」の塩焼き。特にモミジの鹿肉は絶品で追加注文をするほど美味でした。朝、出発前に宿の玄関前にて。
b0174217_16545763.jpg

十津川温泉の一番の景勝地、平谷です。
b0174217_16562481.jpg

熊野古道の「小辺路」の十津川路・・・果無墜道です。
b0174217_1659463.jpg

本宮です。
b0174217_17278.jpg

本宮です。
b0174217_1724849.jpg

国道168号を新宮めざして走って来て、「日足」で対岸へ渡るべく立派な橋を渡りました、熊野川の対岸をユッタリと走ります。
b0174217_1733990.jpg

国道168号を対岸に渡ってユッタリ走っております。川の向こう側が168号です。
b0174217_1761015.jpg

熊野川対岸を走った目的は[飛雪の滝」です。
b0174217_1783198.jpg

b0174217_17984.jpg

b0174217_1793365.jpg

飛雪の滝から僅かな距離で新宮です、今回の旅はJR新宮駅まで。輪行で天王寺経由帰ります。サイクルツーリングはやはり輪行ですね。行きも帰りも列車でユッタリと出来ます。その為には、自転車そのものも輪行仕様に作っておくと自転車旅がより快適になります。
b0174217_17154050.jpg

by nbsan1491 | 2009-12-11 17:15 | Comments(3)
龍神温泉という名前の由来は、弘法大師が龍王のお告げによって温泉場を開いたことにあるという、湯本にある温泉寺(真言宗)にもそれに関する古い弘法伝説がある。龍神温泉はその後江戸時代初期には紀州・徳川頼宣の庇護の下で大きく発展し、今も江戸時代から続く「上御殿・下御殿」などの古い旅館がある。
b0174217_1144838.jpg

龍神温泉は平均泉温約48度を誇る、重曹泉で肌にヌルヌルする温泉です。龍神温泉の憧れの旅館は一番旅館の「上御殿」です、江戸時代は紀州の殿様の専用旅館であったそうです。
b0174217_11503284.jpg

上御殿から下御殿の前を通過して国道425号を「牛廻越」の頂上まで約22kmの登りが続きます。細い昔ながら道を小雨でポンチョをかぶって走ってました。
b0174217_11581852.jpg

登りは続きます。
b0174217_11593117.jpg

まだ周辺には川が流れてますから、橋も渡ります。
b0174217_1215116.jpg

登って来た道を見てます。山深く入ってきますと雨はやまないですね。
b0174217_1234836.jpg

牛廻越の頂上が見えて来ました。工事の名残か看板その他が残ってますね。
b0174217_1271163.jpg

牛廻越の頂上は平坦地になってます。此処は迫西川です。
b0174217_12103188.jpg

b0174217_12111225.jpg

牛廻越の下りです、此処から十津川温泉まで28kmの下りです。
b0174217_12125479.jpg

b0174217_12142221.jpg

b0174217_1215931.jpg

牛廻越から最初の集落が「迫西川」です。此処で昼食にしました。山の中のツーリングでは昼食は必携です、宿で作ってもらったおにぎり3個は美味かったです。
b0174217_1219595.jpg

雨宿りと昼食を採った小屋の横から崖下を見るとこれから下る道が見えてました。これを登って来るのは嫌ですね。
b0174217_122355.jpg

十津川温泉に到着です。国道168号の蕨尾の赤い鉄橋です。
b0174217_12254561.jpg

十津川温泉の平谷に本日の宿があるのですが少し早い時間に着きましたので時間つぶしをしておりました。
今回のツーリングでは超特大のサドルバッグで走りましたが、改めて見てみると大きいですね、昼食も脱いだポンチョも軽々と入りましたからね。
b0174217_1231555.jpg

by nbsan1491 | 2009-12-11 12:31 | Comments(0)
住まいしている、奈良から高野山へは、隣の県の和歌山であるがこれが少々遠いのです。コースとしてはJR奈良から大阪・天王寺の次の「新今宮駅」で下車この駅の隣に南海電車の高野線の「新今宮駅」があります。
特急電車で1時間20分で終点「極楽橋」に到着、強烈な傾斜のケーブルカーに乗り換えて山頂の「高野山駅」に到着します。
b0174217_1551965.jpg

今回のプランナーは大阪の「kottaman」ことOさんです。事前に話し合いをした訳ではありませんが、二人ともサドルバッグ仕様でそれも超特大のバッグであります。
b0174217_15564089.jpg

時刻は調度昼食時で有りますので高野山/大門の近くの食堂で「釜飯定食」昼食としました。この釜飯が美味いのです、あっさりとした釜飯で満足しました。
b0174217_161180.jpg

釜飯「つくも」の前での「Oさん」です。
b0174217_163595.jpg

そして私です。
b0174217_2035814.jpg

高野山で昼食の後50km先の龍神温泉に向かいます。少し前の「龍神スカイライン」が現在は国道371号の龍神街道です。
b0174217_1692599.jpg

b0174217_1610595.jpg

高野山の龍神街道出発地点(800m)から水ヶ峰(1056m)~蓑峠(922m)~笹の茶屋(1080m)~最高地点の護摩壇山ドライブウエー(1270m)で写真を撮っていたら流石は冬場ですね一気に日が暮れてきました。
b0174217_20355458.jpg

今年になって何度目でしょうか、この後辺りから日が暮れまして「ダイナモ」回して龍神温泉に下ってきましたあと少しで龍神温泉の「季楽里」です。
b0174217_1627725.jpg

今夜の宿、龍神温泉「季楽里」です。この宿は少し前の「国民宿舎・龍神荘」が建て返られて「季楽里」なったのです。これで2度目でしょうか。。。
b0174217_16312715.jpg

by nbsan1491 | 2009-12-10 16:31 | Comments(2)

嗜 好 

最近の朝食時に食べているのが「バナナ」です。これを食べ出してから何となく腹の調子がいいみたいです。
なんと言っても最近のバナナの安価なこと、私等の子供の頃はバナナは高級品で日頃ではまず食べる機会は無くて、病気になったりしたら食べさせて貰えたような記憶があります。そのバナナはとても身体に良物だそうですから大いに食して下さい。写真のバナナは18本でナント/なんと「198円」安いね~。
b0174217_19295626.jpg

もう一つ最近よく食しているのが「スルメの足」です。これは味付けがされてまして袋から出してそのまま食することができます。歯の治療で歯医者に行ったら「もっと硬い物を食べなさい」と言われてスルメの足を噛むようになりました・・・最近歯と歯茎がガッチリ締まってきたような気分がします。昔はもっと硬い[はじき豆」をバリバリ噛んでいたのですがね。。。
b0174217_1935196.jpg

もう一つの「好物」が「いもけんぴ」なのです、これはサツマイモを甘くフライにしてあって甘さも歯ごたえもお気に入りです。元々がお酒が飲めなくて「甘党」ですからこんな物が好物なのですが。。。只今我家ではこの3つの食物は欠かす事無くいつも在庫してありますね。。。
b0174217_193989.jpg


明日から「高野山~龍神~牛廻越~十津川~新宮」と旅に出ます、今回は横浜/YCCの故山本貞夫さんの特大サドルバッグで走ってきます。。。
by nbsan1491 | 2009-12-03 19:43 | Comments(0)

今日の お 散 歩

今日は穏やかな良いお日和でありました。何時も通り、東大寺の二月堂裏参道から春日大社へ下って来ましたが、途中で良い紅葉が有りましたので道沿いの写真を撮っておきました。
b0174217_22553542.jpg

b0174217_22561081.jpg

b0174217_2256395.jpg

そして何時ものように平城宮跡の「朱雀門」まで帰ってきますと、奈良の都の時代装束をした人達が映画??
テレビ??が撮影をしてました。これも平城遷都1300年の一環なのでしょうか・・・これからこのような場面が沢山でて来るのでしょうね。
b0174217_2312460.jpg

b0174217_2374121.jpg

b0174217_232402.jpg

b0174217_2331343.jpg

b0174217_2335314.jpg

by nbsan1491 | 2009-12-02 23:04 | Comments(6)