奈良・平城宮跡の東の端から、東の山中を見てます。東大寺や若草山がよく見えますね。1300年の昔の奈良平城京が蘇えります。


by nbsan1491
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2009年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

神奈川県横浜市にあります、ヨコハマサイクリングクラブの「山本貞夫様」が8月10日(月)13時45分「心不全」で逝去されました。1956年(昭和31年)のクラブ創立以来事務局長としてクラブの発展に貢献されて来ました。その間、「JCA」日本サイクリング協会・神奈川サイクリング協会で役員として活躍頂きました。又クラブサイクリストの集まりであります「全国サイクリングクラブラリー」に於いても第一回から本年度の「CCラリーin箱根」まで40回の長きに渡ってもご活躍を頂きました。
b0174217_2055357.jpg

山本貞夫様もサイクリングは「クラブモデル」の愛用者で有りまして、もっぱら「サドルバッグ」を好んで愛用されてました。長いお付き合いで有りますが「フロントバッグ」の自転車は見た事がありません。写真は2004年(平成16年)の8月炎天下の能登半島でのJCA全国ラリーです(自転車はワタナベS・Wです)。この時もやはりお気に入りのサドルバッグで走っておられました。
b0174217_20191942.jpg

このサドルバッグについて、サドルバッグ大好きな私に思い出として頂ける事になりましてお送りいただきました。このバッグはおそらく20年以上昔のサドルバッグであろうと思います、作られている材料は「本革」製でありますので、早速に皮染めをし防水処理も致しました。ベルト等の小物も取り替えたり補強をして貰いました。新品とはいえませんがとても美しくなりましたので今後は「山本貞夫様」を偲びながらサドルバッグでクラブモデルサイクリングを今まで以上に楽しんで参りたいと思っています。
b0174217_20262564.jpg

このサドルバッグは「ブルックス」の特大型サドルバッグですが、サイズ的には山本貞夫様のサドルバッグと全く同じ大きさで有りますので、製作の時にこのブルックスサドルバッグを参考にして、本革でオーダーメイドされた物のようです。
b0174217_20293212.jpg

最近の「旅」自転車はフロントバッグ一辺倒のようで有りますが、サドルバッグの旅自転車も良いものですからお使い下さいませね。。。
by nbsan1491 | 2009-09-30 20:33 | Comments(4)
シルバーウイークの良いお天気の日に、今月の歩こう会で彼岸花の「葛城古道」へ行ってきました。
葛城古道は「金剛・葛城山麓を南北に走る山裾の道で、街道として最も古いといわれる竹之内街道から、
葛城市の寺口・笛吹を経由して御所市の櫛羅・長柄・極楽寺・高天・鴨神に至る道であります。又この道に沿っては沢山の寺院が存在していたが歴史の彼方に消え去った寺院も数多くあります。
東に大和三山を望み奈良盆地(大和の国中)一望できる風景は素晴しいものがあります。
b0174217_1138121.jpg

今回の集合地は近鉄御所駅であります。奈良の西大寺から橿原神宮乗り換えで尺土で近鉄御所線に乗り換えて終点の御所駅です。
b0174217_1144557.jpg

近鉄御所駅を出ますとすぐの所にあります、「鴨山口神社」です。流石は葛城です「鴨」の名前が付いておりますね。大和に「山口神社」14社あり、それらの本社とされている。式内名神大社のひとつであります。
b0174217_11495480.jpg

猿目の集落を少し歩きますと六体の地蔵が刻まれた巨石があります。室町時代に作られたもので、地元の村人の厚い信仰の対象となっています。
b0174217_11535513.jpg

六地蔵ですが左端が見えにくいですね。
b0174217_11551178.jpg

彼岸花です。
b0174217_1156427.jpg

b0174217_11563140.jpg

b0174217_1156541.jpg

葛城古道のハイキング道はこれです、のどかな、田んぼの中の道を行きます。
b0174217_11592659.jpg

道の途中に咲いていた「うこんの花」です。
b0174217_1202661.jpg

早生になるのかな~「みかん?」が青く菜っててました。。。
b0174217_121372.jpg

葛城古道から見る、奈良盆地(大和の国中)ですが、大和三山も見ています、若草山の山焼きではここから良く見えるそうです。遠望・・・美しいでしょうね。
b0174217_1242194.jpg

葛城古道の中で一番は水田です、その水田の水の管理をしているのが「番水の塔」です。
b0174217_128711.jpg

葛城古道の中で一番の彼岸花はここでしょう。九品寺の北側です。
b0174217_1211349.jpg

b0174217_12112626.jpg

「九品寺」 聖武天皇の勅により行基が開基した戒那千坊の一つで、室町時代の兵火をまぬがれて、今に残ります。本尊阿弥陀如来坐像は藤原時代の造と見られ優しい円満な姿で気品が高く稀に見る優秀作です。「重要文化財」です。
b0174217_12192282.jpg

古道の田んぼの中を歩いておりますと、こんな「東屋」の休憩所もあります。
b0174217_12204597.jpg

葛城名物?一言主神社へ向かう途中の民家(築120年)の軒下で売られている「山の芋」です、これが美味いのですよ。
b0174217_12232777.jpg

「一言主神社」 一言だけ願いを聞いてくれる「いちごんさん」として知られている。祭神は古事記や日本書紀の中に見える「事代主命」です。
b0174217_1227141.jpg

奈良大和路でもトップクラスに古い神社で有りますから、付随している参道も素晴しいですね。
b0174217_12292117.jpg

御所・葛城の道となりますと、有名なものに「日本酒」の造り酒屋さんも多く美味しいそうですが、醤油屋さんも、無添加・天然醸造でこだわりのお店だそうです。値段は一般市販品に比べるとお高いようですが、味のファンも多いと聞いております。
b0174217_12333776.jpg

by nbsan1491 | 2009-09-29 12:37 | Comments(0)

会津若松市です

b0174217_1824690.jpg

しばらくのご無沙汰でした、今日で12日目で有りますがなんとか元気に旅を続けております、本日の宿は福島の会津若松市で泊まっております、今日と共に3日の雨で距離を稼げておりません。明日からから晴れの天気が続くので期待してます。そろそろ家に帰らないとね。写真は、会津若松駅です。
by nbsan1491 | 2009-09-12 18:24 | Comments(6)

会津若松市です

b0174217_18224920.jpg

しばらくのご無沙汰でした、今日で12日目で有りますがなんとか元気に旅を続けております、本日の宿は福島の会津若松市で泊まっております、今日と共に3日の雨で距離を稼げておりません。明日からから晴れの天気が続くので期待してます。そろそろ家に帰らないとね。写真は、会津若松駅です。
by nbsan1491 | 2009-09-12 18:22 | Comments(2)

只今 八 戸 です

昨夜の宿のむつ市からマタマタ海岸線を走って「下北半島」の見どころ「尻屋崎」に行きました、マンが悪くて本日も雨模様で海の景色もよく見えずです、その後は雨の中を八戸、目指してひたすら走りました、雨の中の走行は非常に疲れます、明日に備えて今日は八戸で泊まりました。明日からしばらくの間内陸部で山と峠を越えます。。。「今日はホテルのPCで送信してます。
by nbsan1491 | 2009-09-08 19:11 | Comments(3)

今日は、休養日

旅に出て一週間、今日最終目的地の大間へゆきます、それと今日休養日に、しました。ゆったりと走ってきました。脇野沢から仏浦から佐井から大間に入りましたがマグロ丼を食べて帰りました。今夜もむつ市内でダウンしてます。携帯のカメラが調子が悪くこれからさわってみます。
by nbsan1491 | 2009-09-07 19:01 | Comments(2)

下北半島入り

b0174217_19235876.jpg

今日下北半島にはいります、宿を出て十三湖を回って中泊から何年ぶりかの竜飛崎へ 外ケ浜から青森から野辺地へここから下北半島に入って行きます、横浜を通過してむつ市でダウンです。
by nbsan1491 | 2009-09-06 19:23 | Comments(0)

昨日の紀行

b0174217_1931527.jpg

昨日は疲れて寝てしまいました。酒田市から雨模様のなかを象かたから秋田市、男鹿半島、能代市、十二湖、鯵ケ沢、泊まりは五所川原にしました、疲れました
by nbsan1491 | 2009-09-06 19:03 | Comments(0)

日本海

b0174217_20555510.jpg

今日は、お疲れです。直江津を出る時は雨もようでカッパを着て備えましたが雨嫌ですね。海岸線をひたすら走りました、柏崎市、出雲崎、寺泊と走り、31年ぶりに弥彦神社へお参りしました。その後は新潟市を通過越後平野は広いです。海岸線を村上市、温海町から酒田市です。ここでダウンです
by nbsan1491 | 2009-09-04 20:55 | Comments(3)

続きです

b0174217_20192133.jpg

そばを食った後は、風の盆の越中八尾てすが昼間は何も無いので通過です、富山から入善から日本海に沿って上越市の直江津で泊まってます。明日は秋田市辺り迄行けたらと思ってます。
by nbsan1491 | 2009-09-03 20:19 | Comments(0)