奈良・平城宮跡の東の端から、東の山中を見てます。東大寺や若草山がよく見えますね。1300年の昔の奈良平城京が蘇えります。


by nbsan1491
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2017年 第14回 「御 前 崎 オ フ」(1)

毎年のこの時期(2017年2月4日~5日)に「御前崎オフ」が開催されてます。このプランと6月の「今井デイー杖突峠」と秋頃に開催される「全国サイクリングクラブラリー」この3プランは何を差し置いても参加する大事な催事です、年間プランの楽しみなプランなのです。

今回の予定は前日の2月3日に島田市の何時もの宿に宿泊して当日に備えました。なんせ奈良から大井川・新金谷駅は遠いです。

2月4日の朝は最高のお天気で集合地に行く前に江戸時代からの遺跡で有ります、「大井川川越遺跡」が往時の島田宿大井川の渡し場近くの街道町並みを保存して、川越を取り仕切った「川会所」や川越人足の詰め所「番宿」などが復元されています。

江戸時代の川越えの賃料は一番安い「肩ぐるま」で90文だったそうです、当時のお蕎麦一杯の値段が「二八そば」で10文だったので、これが高いのか??・・・安いのか??

今日の自転車です。(アルプス・クライマー)
b0174217_10374011.jpg

大井川・川越え遺跡への入り口です。
b0174217_10394137.jpg

川越え人足の詰め所「番宿」の通りです。
b0174217_1041078.jpg

b0174217_10412984.jpg

b0174217_10415532.jpg

b0174217_10422383.jpg

b0174217_10461255.jpg

b0174217_10463674.jpg

b0174217_1047247.jpg


集合地の大井川鐵道・新金谷駅
b0174217_10483245.jpg

駅舎前の黒い郵便ポスト
b0174217_10485320.jpg

大井川鐵道の運賃表です、蒸気機関車は別途料金です。
b0174217_10502865.jpg


そろそろ参加の皆さんが集まって来ましたミーテイングの始まりです。
b0174217_10522437.jpg

何で手を上げているのかな~(初参加の人たちかな~)
b0174217_10543238.jpg

常連さん。
b0174217_1055999.jpg

プランナ~クリクリさんのご挨拶です。
b0174217_10564012.jpg

朝の全員集合です。(参加60名)
b0174217_1058768.jpg

すばらしい自転車。
b0174217_10592126.jpg

b0174217_10594832.jpg

b0174217_110975.jpg

新金谷駅の蒸気機関車です。
b0174217_1112434.jpg


出発です。
b0174217_112630.jpg

b0174217_1151937.jpg

b0174217_1155615.jpg

b0174217_1163213.jpg

b0174217_1165665.jpg

b0174217_1172239.jpg

b0174217_1175294.jpg

b0174217_1182317.jpg

b0174217_1184555.jpg

b0174217_1191099.jpg

b0174217_1110077.jpg

b0174217_11103951.jpg

b0174217_1111348.jpg

b0174217_11112765.jpg

b0174217_11115655.jpg

b0174217_11122585.jpg

b0174217_11125361.jpg

b0174217_11134053.jpg

b0174217_11141419.jpg

b0174217_11144328.jpg


最初の休憩地です、これから牧ノ原の大茶園へ登りが続きます。
b0174217_11163376.jpg

途中・・・何の写真を取っているのかな~。
b0174217_11193673.jpg

遠くに富士山が見えます。(正面高い柱の左にうっすらと)
b0174217_11203177.jpg


小夜の中山の途中の激坂はカットしてます?、小夜の中山峠茶屋の扇屋さんに皆さん到着です。
一番乗りは「キクリンさん」でした。後ろから「パピヨンさんとクロンボさん」が弁当を運んでます
b0174217_11233655.jpg

b0174217_112783.jpg

b0174217_11274476.jpg

b0174217_11282741.jpg

b0174217_11285838.jpg

b0174217_11294443.jpg

b0174217_11301311.jpg

b0174217_11303636.jpg

b0174217_11305465.jpg

b0174217_11312016.jpg

b0174217_11314760.jpg

b0174217_11322291.jpg

b0174217_11325413.jpg

b0174217_11332261.jpg

b0174217_11335081.jpg

b0174217_11341745.jpg

b0174217_1134463.jpg

b0174217_11351155.jpg

b0174217_11353648.jpg

b0174217_1136290.jpg

b0174217_11362736.jpg

b0174217_11364848.jpg

b0174217_11371265.jpg

b0174217_11373736.jpg

b0174217_1138576.jpg

b0174217_1138321.jpg

b0174217_11385299.jpg

b0174217_11392657.jpg

b0174217_11394726.jpg

b0174217_11401245.jpg

b0174217_11403770.jpg

b0174217_114114.jpg

b0174217_11412370.jpg

b0174217_11415217.jpg

b0174217_11422048.jpg

b0174217_11425421.jpg

b0174217_11431549.jpg

b0174217_11434496.jpg

b0174217_11441243.jpg

b0174217_11443950.jpg


お弁当と豚汁の配給に並んでます。
b0174217_11454459.jpg

何時もの黄色いご飯です。
b0174217_11463517.jpg

小夜の中山・峠の茶屋の扇屋さんでお世話になって居る皆さんです。
b0174217_11483858.jpg

峠の茶屋の親父さんの道楽の古い古いエンジンです。
b0174217_11495833.jpg

東海道の小夜の中山・峠と言えば、「西行法師」詩が有名ですね。
b0174217_1152067.jpg

小夜の中山・峠での全員集合です。
b0174217_11532780.jpg

強烈な峠道を足を着かずに登り切った強者です、女性も一人居ます。登り切った人には峠の親父さんから名物のお茶飴が貰えます。
b0174217_11563250.jpg


「次に続きます・・・」
by nbsan1491 | 2017-02-19 12:01 | Comments(0)